AB型男性は本音でしゃべる?何を考えてる?

どんなひとでも本音をすべて言うとは限りません。大人どうしの付き合いなら、なおさらです。本当は相手がどう思っているのかな?と思いながら本音を探っていくのが、大人の恋のだいご味。といってもAB型男性ほど本音が見えにくい性格もないですね。いったい何を考えているのか。本音を出すことなんてあるんでしょうか?

AB型男性の本音

スポンサーリンク

■AB型男性にとっての本音とは

当たり前ですが、AB型男性にも本音はあります。しかし、それを外に出すことはほとんどありません。なぜなら、AB型男性にとっては本音をそのまま人に言うことは、非常にカッコ悪いことだからです。

良い感情も悪い感情も、場合によっては外に出すことは悪くありません。とくに、人間関係においては時々でも本音の部分を見せることによって、相手との距離が縮まり、良好なコミュニケーションが取れることもあるんです。

しかし、そういうことはAB型男性には通用しません。良くも悪くも、スマートでクールな面があるAB型ですから、自分の感情を人に見せるなんてとんでもないことです。愛想が悪いわけでもなく、いろいろな人と仲良く付き合っていきますが、自分の本音は決して見せない。見せる必要がないと感じるからでしょう。そしてAB型男性にとって、特定の相手と深い関係を持つのは非常に珍しいことなんです。

自分の世界が確立しているAB型男性にとっては、プライバシーに踏み込まれる可能性がある濃厚な人間関係は苦手です。本音を言いたくないし、聞かれたくもない。できるだけフラットでモメ事のない人間関係を作り上げるためには、本音なんか言わないほうがいいと思っているのです。

 

■付き合い始めると、二面性が出てきやすい

といっても、AB型男性だって恋愛をします。恋人関係になると、反応が違うのかな?と女子は思うでしょうが、そう甘くないのがAB型男性です。むしろ、付き合い始めてからのほうがAB型男性の二面性が出てきやすくなり、ますます本音を探りにくくなるのです。

AB型男性の二面性というのは、そのまま性格の複雑さにつながってきます。そして気まぐれな部分もどんどん出てくる。昨日は気さくな感じだったのに、今日はとっても気難しい。猫の目のようにくるくると気分が変わるAB型男性にうまく接していこうと思うと、女子は疲れてしまいます。まして、相手の本音を知ろうなんてすると、疲れるばかりで得るものはほとんどありません。

それくらい、AB型男性の本音かくしとポーカーフェイスは完璧なのです。
ポーカーフェイスの下にあるAB型男性の本音を探っても、探り切れるものではありません。二面性も性格の複雑さも、まとめてそのまま受け入れるつもりでいなければ、AB型男性とは付き合っていけないんです。いやいや、ほんとに難しい男です。

 

■AB型男性からは本音は引き出せないと思っておこう

本音トークが何よりも嫌いなAB型男性は、自分の本音をそれほど重要視しません。本音を大事にするということは、自分が考えていることと外に出すことにギャップがあるからです。ギャップがあるからこそ、外へ出さない自分の本音を大事にすることになります。

スポンサーリンク

AB型男性の場合は、行動=本音です。自分がしたいこと、やりたいことが常にはっきりと見えているAB型男性にとっては本音と外側の差などありません。彼が取る行動こそが、そのまま彼の本音です。

周囲に対して自分の考えていることを知られることは好きではありませんが、自分自身に対してとても素直に生きているAB型男性は「自己チューだ」と言われやすい。それでも本音を探られるよりはよっぽどいいんです。

自分は自分、他人は他人。そこに共通項などはなくても構わない。AB型男性はこう思っています。かといって仲が悪いわけでもなく、AB型男性なりに気を使って人間関係を作り上げていますが、根っこのところでAB型男性は1人でいいというタイプなのです。むしろ、1人でいる時間を無理やりにでも作っていこうとするんです。

ガードが堅く、本音=行動というAB型男性からは、本音を引き出すことはほぼ不可能だと知っておきましょう。それに、無理やり本音を引き出したところでクールなAB型男性の本音なんて、そうそう面白いものではないんですよ。

 

■オープンな性格のO型とは、あまりうまく行かない

本音を探られたくないAB型男性は、相手の本音もそれほど知りたがりません。本音など知らなくても、一緒にいて楽しければそれでいいと思っているようです。そして相手の行動を縛ろうとせず、お互いがそれぞれの時間やそれぞれの交友範囲を大事にできる付き合い方が好きです。クールすぎる、淡白すぎると思うかもしれませんが、それがAB型男性の一番気持ちがいい付き合い方なのです。

AB型男性の求める人間関係、恋愛関係は非常にはっきりしています。こうなると付き合ってうまくいく血液型と、どうも合わない血液型が出てきます。
AB型男性と比較的うまくいきやすいのは、裏表の少ないB型女子。お互いに本音を探りあう必要もなく、ストレートに付き合っていけます。

反対に、どうしてもAB型男性とうまく続かないのがO型女子です。O型女子は、ざっくばらんでオープンなところが長所です。明るくて社交的で、相手の内面にずかずかと入り込むところもあります。入ってこられるのが好きなタイプならいいのですが、AB型男性にとっては苦痛でしかありません。長続きしにくいカップルですね。

 

■まとめ

AB型男性とうまく付き合っていきたいと思ったら、相手の本音を探ろうとせず、適切な距離と取りながら自由を尊重するところに合わせてあげましょう。

クールで落ち着いて見えるAB型男性ですが、実際は繊細なところも多く傷つきやすい一面もあります。ポーカーフェイスもクールさも、すべては自分を守るためにあるのです。

不安を周囲に見せないことも、AB型男性の本音をわかりにくくしているポイントです。それにしても、AB型男性と付き合うと「本音っていったい何だろう?」と考えてしまうこともあるんですよ。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

2 件のコメント

  • M・ママ より:

    いやーーー。そのままズバリですね。うちの彼もAB型 付き合ってかれこれ1年。始めの頃はそんな性分とはわからず 地雷踏みまくり 今では 本音と建て前が何とか・・・うすうす見えてきました。かと言って本人にはそんな事 絶対 伝えません。だってあなたの言うとおり なスタンスが絶対必要で、でも かまって欲しい(本人のご機嫌次第ですが)裏アピールもすごいんです。まあ そんなところがかわいいとも思ってしまうのですが。

  • のらくろ より:

    私のAB型でよく人から「何を考えているかわからない」なんて言われることがあるので頷けます。でもこういった血液型診断をあまり過剰に信じすぎて、血液型で人を色眼鏡で見るようなことはしないほうが円満な人間関係を築けるのではないかと思います。意識しすぎて「AB型は二面性があるから」「AB型は本音を引き出せない」からなどと思い込んで相手との間に壁を作ってしまうのは損なだけじゃないかと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です