AB型男性の警戒心を解くには?ガードが堅いの?

血液型占いの中でも、警戒心が強いと言われるのがAB型男性です。心の中のガードが堅くて、しばらく付き合ってもなかなか会話がはずまない。自分のことは話そうとしないし、興味がないことは聞いているようであまり聞いていないんです。そんなAB型男性の警戒心を解く方法ってあるんでしょうか。

AB型男性の警戒心を解くには?

スポンサーリンク

■こちらから話しかけないと、会話がいい感じにならない

AB型男性の警戒心をとくには、まずこちらから積極的に話しかけてあげることです。警戒心というのは慎重さのあらわれで、AB型男性は人間関係で傷つくのが嫌なのでほどほどに距離を取り、それ以上近づかないようにしているのです。

 

ただ、自分からは近づきませんが、相手が近づいてくるのはそれほどイヤではないみたいです。むしろ、女子から積極的に話しかけたり話題を振ってあげたりすると、打ち解けやすくなるんです。おそらく自分自身でもガードが固すぎるのはよくない、と思っているからでしょう。それでも打って出ることができないのがAB型男性の特徴です。シャイすぎるんですよね。

 

だから、さりげなく会話に入れるようにしてあげると、AB型男性はとてもうれしい。警戒心も溶けやすくなりますし、親しみも感じるんです。

 

それに、実はAB型男性って緊張するタイプらしいですよ。大勢のなかでリーダーシップを取るタイプではありませんし、オープンな性格でもない。そして初めての人と話すときにはとても緊張し、動揺していることもあります。
なのに表面上はどこまでもクールにふるまう。警戒心から、かえって冷静に行動することができるのがAB型男性です。

 

■一人の時間を確保するために警戒心を持ち続けている

AB型男性の警戒心は、人間関係のトラブルに巻き込まれたくないということと、自分だけの時間を邪魔されたくないということ、この両方の理由から出ているものです。
大人になると誰でも多少は一人きりの時間を楽しむようになりますが、AB型男性はとくに一人になりたがります。

自分だけのお気に入りの場所で、一人になって趣味を楽しむ。こういった時間がないとかえってストレスがたまり、イライラしてくるんです。

スポンサーリンク

AB型男性の警戒心が強いのは、深く付き合って自分が一人でいられる時間が少なくなるのが嫌だという気持ちもあるんです。
そんなに一人になりたいもの?と思うでしょうが、AB型男性にとっては必要不可欠です。その時間を使ってどっぷりと趣味にハマる人も多いですよね。趣味もカメラとか、映画とか、一人きりで楽しめるものばかりです。なんだかちょっと、暗いイメージだわ(笑)。

 

自分が自分だけに戻れる時間とでも言いましょうか。AB型男性の複雑さを支えているのは、一人きりの時間だといってもいいくらいなんです。一人になって、好きなことに集中する。これでAB型男性のストレスは吹っ飛び、また外に出ていこうという気持ちになります。

 

だからAB型男性と付き合いたい女性は、彼の趣味の時間を多めに見なくてはだめですよ。他の点では柔軟なところがあるAB型男性でも、一人の時間を邪魔されると起こることもあり、それが原因で別れることだってあるんです。カノジョより趣味が大事な時もあるので、要注意ですね。

 

■AB型の警戒心の強さは、体質も関係している!?

AB型男性の警戒心については、ちょっとおもしろい話もあります。AB型というのは、世界的に見ても珍しい血液型で、全人口の約5%しかないそうです。なぜこんなに少ないのかというと、AB型は感染症にたいする抵抗力が少ない血液型だから、という説があります。まあ、説に過ぎないんですが。

 

それによると、AB型は感染症にかかると重症化しやすく、ことによっては死亡する可能性もあるため、生まれながらにして人との接触をおさえる傾向にあるんだそうです。
生死に関わると思えば、AB型がしっかりと警戒してガードしている理由もなんとなくわかる気がしますね。

 

■まとめ

AB型男性の警戒心を解くには、彼の特性を理解してあげることが一番大事です。警戒心が強いのは、人間関係に対して多少は臆病になっているから。そして自分だけの時間を大事にするあまり、深く人と関わりたくないと思っているからです。

そんな彼の気持ちを丸ごと受け止めて、手のひらで遊ばせるように自由にしておいてあげれば、AB型男性の警戒心は少しずつなくなってくるはずです。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • より:

    私はAB型ですが、とても共感できました。
    初対面との人の会話は苦手で、いつも第一印象は無口な怖い人と思われていることが多いです。
    また、仲良くなった方とでも、常にどこかで一線を引いている感じも、特徴的なのかな?と感じました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です