【映画】「相棒 劇場版IV 首都クライシス」の感想・レビューまとめ、反町ファンは映画館へ行くしかない!

2月11日から公開が始まりました「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」。

 

相棒好きは待ちにまった公開じゃないでしょうか。

スポンサーリンク

個人的にも反町がGTOのドラマ時代から好きなので、この映画は映画館で見ようと思っています。

まだ見に行っていないですが、見る前に実際に見に行った人達の感想を見ようと思ったので、ついでにこちらにまとめてみました!

 

まずは映画のあらすじから

相棒 劇場版IV 首都クライシスのあらすじ

 

以下Yahoo!ジャパン引用あらすじ

7年前、駐英日本領事館関係者の集団毒殺事件で生き残った少女が国際犯罪組織に誘拐されていた。そして現在。特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、国際犯罪組織バーズを追って来日した国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(鹿賀丈史)に同行することになる。そんな中、7年前に誘拐された少女の現在の姿の動画が公開され、犯行グループは身代金を要求し……。

 

 

以下映画.com引用あらすじ

水谷豊が主演を務める人気テレビドラマ「相棒」シリーズの劇場版第4作。テレビシリーズ「Season14」から、水谷演じる杉下右京の4代目相棒となった冠城亘に扮する反町隆史が「相棒」劇場版に初出演する。7年前、イギリスの日本領事館関係者が集団で毒殺されるという事件が起こり、唯一生き残った少女が国際犯罪組織「バーズ」に誘拐された。事件から7年後、日本政府に対し行方不明となっていた少女の身代金が要求される。日本政府はバーズをテロ組織と断定し要求を拒否するが、それによってバーズは、50万人の観客が集まる国際スポーツ競技大会の凱旋パレードを狙ったテロ計画を実行に移す。晴れやかなパレードが行われる最中、特命係は真犯人を追いつめるが、その先には70年前のある出来事につながる真実が待ち受けていた。

 

今回は人質が50万人と聞いただけど壮大な雰囲気が伝わってきますよね。

映画も公開直後から大反響のようでヒット映画の仲間入りを果たしましたね。

 

相棒 劇場版IV 首都クライシスを見た感想・レビュー

見てきた人の中には期待外れという人もいたようですが、

とりあえず見てこないとなんとも言えませんね!

まあ反町ファンとしてはとりあえず見てみるがもっとーですね!

一応キャストとスタッフも以下の掲載しておきますー。

相棒 劇場版IV 首都クライシスのキャストとスタッフ

キャスト
水谷豊【杉下右京】
反町隆史【冠城亘】
鈴木杏樹【月本幸子】
川原和久【伊丹憲一】
山中崇史【芹沢慶二】

スタッフ
監督【橋本一】
脚本【太田愛】
製作総指揮【早河洋】
製作【亀山慶二・手塚治】

 

相棒 劇場版IV 首都クライシスのちょっとした裏話

 

制作する際にあたっていろいろ大変だったみたいで、北九州市内の主要幹線道路を日中に12時間閉鎖して撮影を行ったようです。

エキストラはなんと3000人規模で行ったようで、相棒の映画史上では一番多い人数のエキストラだったようですよ〜。

ちょっと混ざってみたかったなー。

じゃあ今週のどっかで見に行ってみようかね〜。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • YU より:

    相棒って長くやってますねー、反町とのコンビもこんなに続くとは思いませんでした
    伊丹カッコイイよ、カッコイイよイタミン
    ゲスト俳優もっと豪華にしてくださいよ映画なんだから

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です