『赤ボーダーのコーデ』レディースの着こなしコーディネート術!

赤はパワーのある色、元気の色です。お洋服に取り入れるにはちょっと強力すぎるかなと思うんだけど、ボーダーで入れるくらいなら、いいアクセントになります。

赤の入ったボーダーはコーデがしにくそうに見えて、意外とどんなボトムにもOK。これ一枚でアクティブな印象を作れちゃいます。

スポンサーリンク

赤ボーダーのコーディネート術!

エプロンデニム×赤ボーダー

20140426162625672_276

白スカート×赤ボーダー

20150501193728201_276

デニムスカート×赤ボーダー

20160428101714615_276

白リネンパンツ×赤ボーダー

20160606153509783_276

ワンピース×赤ボーダー

20160620135509277_276

黒パンツ×赤ボーダー

20160620160135432_276

ワイドパンツ×赤ボーダー

20160624120357516_276
スポンサーリンク

カーディガン×赤ボーダー

20160629212245520_276

オールインワン×赤ボーダー

20160710100716203_276

 

赤ボーダーのコーディネートポイント!

 

■ひざ上のデニムショーパン+赤ボーダーで元気なイメージを
元気いっぱいのイメージで着こなしたいなら、ボトムはショーパンがいいよ。カジュアルなイメージがあるボーダーだから、デニムショーパンがぴったり。

トップスのボーダーは白ベースに赤が入ったものにして、ボートネック+七分袖の細見せ効果のあるデザインを選んでね。ボートネックは首回りがとても華奢に見えるし、七分袖は手首の細いところが見えるからとってもいいんです。
デニムショーパンは膝丈よりも短く。これで軽快でアクティブな雰囲気になります。

 

■ネイビー×赤のボーダーならデニムジャケットともしっくりあう
デートにも使える赤ボーダーコーデをと言うなら、ネイビーベースに赤のボーダーが入ったニット+フレアースカートをチョイス。ここは赤ボーダーのアクティブさを生かしたいので、台形スカートよりフレアーのほうがしっくりハマります。
フレアーは膝丈のカーキもしくはブラウン系のカラーがいい。とにかく赤ボーダーのインパクトを精一杯生かしたいので、他の色はおさえておくんです。
足元は白いスニーカーにして、アウターにはデニムジャケットをはおる。インナーにネイビー×赤のニットを選んであるので、デニムジャケットのインディゴカラーとぴったりはまります。

 

■まとめ シックな赤ボーダーには黒タイトスカートというのもあり
もっともっとシックに赤ボーダーを着たい。オフィスのカジュアルデーに来ていてもおかしくないようなコーデが欲しい。こうなったら、ボトムを黒のタイトにしましょう。それもひざ上5センチよりも短いのがいいですよ。
黒のタイトスカートはレディなイメージ。そこへ白×赤のボーダーニットを合わせると、意外なくらい品よくまとまります。
これでもまだハデすぎると思うなら、白のニットカーディガンをはおってね。赤のボリュームが減るので、大人っぽい印象で雰囲気が落ち着きます。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です