男性が一番嫌う女性の束縛行為3パターン

大好きなカレと付き合っていれば自然と嫉妬ややきもちは起きてしまうものです。
あなたのその嫉妬ややきもちの”度”が過ぎてしまうと、自分では気が付かない内に大好きなカレの事を束縛してしまっているなんてこともあります。
そして、あなたの束縛が原因で”別れ”に発展してしまう事だってあります。そんなの嫌ですよね。
では、男性はどんな束縛行為を一番嫌うのでしょうか?
男性が一番嫌う束縛行為3パターンをご紹介します。

スポンサーリンク

1.勝手に携帯を見たり、覗いて聞いてくる
どんなに信頼している相手や、恋人でも勝手に携帯を見られたり、覗かれるのを嫌がる男性は少なくありません。
もちろん、見られたくないデータや履歴がなくてもこうした行為はとても嫌がられます。
相手の携帯を覗いたり、勝手に見る行為は、自分の知らないカレの交友関係を把握したくなったり、交友関係以外にも「普段携帯で何見ているんだろ?」と思ったり、「浮気をしているんじゃないか?」と思い、カレの事を「もっと知りたい!」と思った時に女性がしてしまいがちな行動です。
ですがこうした行動は相手からしたら”行動を制限されている”とも受け取ります。
普段からこうした行動をとっている女性からしたら「どこが束縛なの?」と思うかもしれませんが、「あれやだ」「こうしてほしい」とカレに言ってはいませんが、これは”圧”の束縛なのです。
カレに気になるところがあったり、もっとカレの事を知りたいのであれば、こうした束縛行為を取るのではなく直接聞きましょう。

スポンサーリンク

2.いきなりカレの家を訪問する
ドラマなどではよく「来ちゃった!」なんて彼女が彼氏に言うシーンがありますが、現実ではこうしたいきなりの訪問はかなり嫌がられます。
もちろん、浮気などのやましい事をしていないカレでも嫌がる行為です。
なぜなら、カレが1人の時間を大切にしたい時や、自宅に友達を呼んでいる時に会う予定ではなかった日なのにあなたがいきなり訪問してきたことによって「会う日じゃないのになんで来たの?」とカレは思います。
付き合い初めや誕生日やクリスマスといったイベント付近にいきなりカレの家を訪問するのであればまだ許してくれるカレも多いでしょう。
ですが何度も何度もいきなり家に訪問してこられると「今日来るのかな?」「万が一来た時のために部屋を片付けておかないと」などとカレは思うようになり、自分の家なのに毎日なんだかソワソワしてしまいます。
会う約束でない日なのにいきなりカレの家に訪問する行為は、あなたと会う約束をしていない日のカレの行動などを知ろうとしていることになるので、カレの日常や行動を監視し、行動を狭めている束縛行為になります。
いきなり行くのではなく「近くに寄ったんだけど今家?」などと聞いてからカレの家に行った方がカレも気持ちよくあなたの事を家に招いてくれるはずです。

3.カレの自宅に私物を増やしていく
「よく家に来るから」「週末はいつも泊りだから」などと言ってカレの自宅に私物を増やしていっていませんか?
カレが「それ置いていきなよ」「また来るんだから置いといてもいいよ」などと言ってくれているのであればカレの自宅に私物を増やしていっても良いでしょう。
ですがカレから何も言われていないのにあなたの独断でカレの自宅に私物を増やしていくのは、男性からしたら束縛行為になります。
半同棲であれば許される行為ですが、カレが1人暮らしをしている自宅なのであれば嫌がります。
なぜなら、自分の自宅なのにあなたの私物が沢山あることで自宅に友達や家族を招きづらくなったり、日に日に増えていくあなたの私物が沢山あることによって自分の自宅なのにのびのびとすることができなくなり、居場所がなく窮屈にも感じてしまうようです。
週末や時々カレの家に遊びに行くのであれば必要最低限の私物を置かせてもらうなど、置かせてもらう私物を必要最低限にしましょう。
自分の家なので、会わない間はしっかりとカレに息抜きをさせてあげましょう。

まとめ
「それも束縛なの?」と感じたり、知らぬ間にしてしまいがちな束縛ですが、気が付かづにやってしまいがちな束縛程大好きなカレを苦しめてしまっている場合もあります。
恋人や家族でも、ある程度の距離感は大切で、相手の全てを知る必要はありません。
全てを知ってしまっていてはお互いに窮屈に感じてしまう関係にしかなりません。
大好きなカレだからこそカレの言動に対して嫉妬したり焼きもちを焼いてしまったり不安になってしまう時もあると思いますが、そうした時は束縛をするのではなく、口頭で話し合いましょう。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です