彼氏と遠距離になるときの対処法3つ

彼氏とやむを得ない理由で遠距離恋愛をしなくてはならなくなった場合、さまざまなことで不安になります。

いつまで遠距離恋愛が続くのかといったことから心変わりしてしまうことはないのだろうか、ずっと付き合うことが出来るのだろうかと思うと寂しくなってきて耐えられなくなってしまうこともあります。

スポンサーリンク

遠距離恋愛の場合、すぐに会いに行ける距離ではないのでなかなか会うことが出来ず、少しの心の擦れ違いが命取りになる場合もあるので、慎重にならなくてはいけません。

今回は、彼氏と遠距離になるときの対処法をご紹介します。

 

彼氏と遠距離になるときの対処法

girl-358771_640

◆一番重要なのはお互いに信頼すること
遠距離恋愛では、彼氏と会う機会が限られてくるので、近くにいる時よりも普段の行動が不鮮明になってきます。

心配性な人だと、今どこでなにをしているのか、浮気していないかと疑心暗鬼になってしまい、考えが先走ってしまいがちになってしまいます。

遠距離恋愛では互いを信頼していなければ長続きしません。彼氏がそばにいないからと言ってその寂しさを男友達と遊びに行って発散しているようでは彼氏を不安にさせるだけではなく信頼関係も崩れてしまいます。

信頼関係が崩れてしまったら修正はほぼ不可能で別れることになりかねないのでお互いに疑われるような行動をしないように心がけて生活することが大切です。

スポンサーリンク

◆簡単なルールを決める
遠距離恋愛はお互いの距離が離れている分、互いの行動が不鮮明で不安や寂しさを感じたり、相手を疑ってしまう状況になってしまうこともあります。

先ほどもご紹介しましたが、遠距離恋愛はなかなか会うことが出来ないので、少しの心の擦れ違いが別れへと発展してしまいがちです。

そうならない為にも、お互いの中で生活の負担にならないようなルールを決めておくことが大切なポイントです。

たとえば1日のメールの数や、電話の時間など決めておくと、寂しさや疑いの気持ちがなくなります。

ただこのルールは細かく決めたり、無理のあるプランを立ててしまうと後でお互いにルールに縛られて疲れてしまうので、必ず抜け道を作っておくことも重要です。

たとえば、忙しくて電話できないときは一報入れておくといったことで、絶対に守らなくてはいけないルールというよりは、できるだけ守るようにするくらいの気軽なものにしておくといいかと思います。

反対にルールがなさすぎると、忙しいわけでもないのに連絡が来ないことがあったりして不安になり、それが疑いの目にかわり、信頼関係がなくなるといったことになりかねないので、ある程度のルールは遠距離恋愛になる前に2人でしっかり話し合って決めてください。

◆束縛はしすぎない
束縛はお互いが信頼できていればする必要のない行為です。

確かにどんなに信頼していても気軽に彼氏に会えないので、自分と連絡を取っている時以外の彼氏の行動が不鮮明なのは遠距離恋愛のデメリットでもありますが、不安だからと言っていちいち今いる場所を報告して、といったことや誰といるのと詮索して彼氏の行動を束縛すれば、いくら好きな彼女のことでもうんざりしてしまいますし、付き合うこと自体が面倒だと感じられてしまったらあとは別れるしか道はなくなってしまいます。束縛はし過ぎないようにしてください。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です