自分がバイクに乗って思ったこと。原付バイクの魅力

自分は無類のバイク好きです。まだ好きになって一年くらいですがだいぶ友人からきいたり、父親から聞いたりと知識を揃えては実戦の繰り返しを行い、だいぶ慣れてきたと思います。今回は私がまだ原付に乗っていた時の話をしようとおもいます。なので原付について深く掘り下げようかと思っています。

私が、初めて乗ったバイクはアメリカンタイプのHONDAMAGNA50でした。友達が先にマグナを買いそれを見た自分はエンジン音、外見とともにほぼ一目惚れ。同じのを買うなんて面白くないとおもいましたが自分の好きなバイクに乗りたいという気持ちが勝ち結局同じMAGNA50を買ってしまいました。

スポンサーリンク

普通原付講習では、スクーターに乗るのでギア付きバイクの操作なんてまったくできません。今ではほぼカタログから、排気量の問題などで外れてしまったギア付きのバイクたちは今だにとても人気なのです。有名なのを上げてみるとMAGNA50,TZR50,NS-1.HAZZ50などなど、やっぱり本当のバイク好きにはハンドルをひねるだけのスクーターではちょっと物足りない気がします。

なので自分は原付からギア付きバイクに乗りたいとずっと考えていて、マグナ50を中古で購入しました。自分の手元に来た時の感動は今でも覚えています。なんたって人生最初のバイクですから。マグナ50は原付にしては重量感がありとても大きいほうです。なのでその時170cmあった自分でちょうどいいと感じたくらいです。最初はまったくギア操作に慣れなくてとても危ない場面も多々ありました。特にあったのがクラッチを離してしまった信号待ちの時にエンストしてしまうなど、あの時はとても怖かったですね笑

スポンサーリンク

2ヶ月もすると交通ルールにもなれ、車に追い越されてビビらなくなり、とても快適な学生バイク生活を行なっていたと思います。
そして慣れてくるとやはり、速さが欲しくなってしまうものでした。マグナ50はスーパーカブというとても燃費の良いエンジンを積んでるバイクとエンジンが同じなので燃費はとてもよく、たくさん走るバイクでしたが最高速度が60kmで慣れてくると少し物足りなく感じる速度でした。

それに比べNA-1,TZR50などは90kmまだ出たりします。当時それに乗っている友達に一回だけ乗せてもらいましたがまったく別の世界でした。でも速さがある分燃費は悪いのが難点でした。NS1などはもう時代遅れをされているとにかく爆発量を増やして早くさせようとする2ストエンジンというものでした。今時のバイクはだいたい4ストが多いですね。

こんな感じで僕はとても楽しい原付生活を送っていました。原付でも充分ツーリングできるし、免許代も安いので学生の皆さんにはあの楽しさをぜひ知ってもらいたいですね。中型免許からは一気に跳ね上がるので原付でバイクを楽しむのも充分ありだと思っています。
今思うと原付からギアに慣れていてよかったなとも思っています。単車に乗りたい人はギアに慣れておくほうが良いと思います。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です