ゴールボールによる健常者と障碍者の架け橋作り

ゴールボールというスポーツをご存知でしょうか。普段スポーツをされる方や詳しい方でも知っている人は少ないかもしれません。なぜならこのゴールボールはパラリンピックの正式種目でもあり、普段の生活のなかであまりめにすることがないスポーツだからかもしれません。この間、私はこのゴールボールを体験してきまして、何かと考えられることが多かったので、今回このスポーツを紹介しながら、私が感じたことを書きたいと思います。

240920003
スポンサーリンク

まず最初にこのスポーツの簡単な説明からしますと、ゴールボールとは、目隠しをしながら、鈴の入ったボールを相手のゴールに向かって、転がしゴールに入れることができれば得点となるスポーツです。協議をするためのコートはフットサルのような感じをイメージしてもらえればいいかもしれません。選手たちは自陣のゴールの前に立ち、攻めのチームは相手のゴールに向かって、ボールを転がし、守りのチームは転がってくるボールからゴールを守ります。

 

もともとはこのスポーツは視覚障碍者向けのスポーツとして開発されたもので、ルーツとしては第二次世界大戦後の傷痍軍人のリハビリテーションとして考案されたものだと言われています。ヨーロッパでは盛んにおこなわれているのですが、日本ではまだまだマイナーなスポーツであるため知名度は低いのですが、今回のリオパラリンピックでの日本代表の活躍で一気に知名度が高まったようです。私もニュースを見て、少しやってみたくなり、近くの市民体育館でイベントが行われていたので、それに参加してみました。

スポンサーリンク

 

まず、実際にこのスポーツをやってみた感想なのですが、目隠しをした状態でどこにボールがあるのかを音だけで見分けるのはとても難しいです。それでなくても何も見えない状態で、動くこと自体にも若干の恐怖がありますし、うまくスムーズに動くことすら私はできませんでした。そう考えると視覚障碍者はこのような恐怖と日夜戦いながら生活をしているのだと改めて思わされましたし、このような状態で高度なプレーを連発しているプロの方々に対してとても尊敬をしてしまいました。

また暗闇の世界の中で彼ら彼女らがどのような世界を感じ取りながら生きているのかについて、少しでも感じることができたのかもしれません。そして、そういった方々に対する見方も変化し、少しだけでも理解するができたかもしれません。普段であれば絶対に出会うことのないスポーツをやることができて本当にいい経験になりました。普通にやっても楽しいスポーツなので、皆さんもぜひやってほしいと思います。

そして、このようなスポーツが一般的に楽しめるほどの知名度を獲得することができれば、視覚障碍者に対する理解を深める活動を浸透させることができるかもしれません。スポーツを通じて、健常者と障碍者の架け橋がつくられることにこのスポーツの意義があるかもしれません。そして、全ての人が何の隔たりもなくこのスポーツを楽しめることが理想なのかもしれません。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です