古着屋さんで可愛い服を安く手に入れて可愛くコーディネートしてみませんか?

私は以前古着屋で働いていたことがあります。そのお店は買取もしていたので基本的にお客さんがもってきてくれて衣類を綺麗にして商品として売り出す買取方式でした。古着屋にもいろいろあって海外のビンテージをたくさん置いているところもあります。私は本当はそこで働きたかったのですが町の小さな古着屋だったのでどうせなら買取も勉強できる少し大きな古着屋を選びました。

original_post24-1024x682
スポンサーリンク

みなさんは古着と聞いてどんな印象をうけますか?誰かの使い物、汚い、信じられない、そう感じる人も少なくはないと思います。私も最初は少し古着には抵抗があり古着をあえて買うこと自体がよくわかりませんでした。でも、私が中学のときにオシャレにも敏感になってきて、でももらえるお小遣いは服1着さえ買えなかったので古着屋に友達と初めて入ってみました。まず圧倒されたのが服の量でした。

無数の服がずらーっと一面ならんでいて、かつ、派手な色のものからシンプルなものまで本当に無ジャンルに並べられていました。1着1着手にとって服をよくみてみると生地が別に傷んでいるわけでもないし穴があいているわけでもないし色あせてもいないしこれで300円?!とびっくりしたこと、いまでも忘れません。それを機に古着が大好きになって服は必ずと言っていい程古着屋で買っていました。Tシャツからアウターからスカート、パンツ、バックやスニーカー、全部古着で揃えていたときもあります。トータルコーディネートしても2000円もいかないときもありました。

スポンサーリンク

ちょうどそのとき読んでいた雑誌も古着がメインっぽかったので安くて可愛い服をたくさん研究しました。ヒョウ柄の派手なアウターを買ったときもあればかなりの数のワッペンがついているデニムを買ったり、買い物するのがとても楽しかったです。そんな大好きな場所で自分が何年後かに働いていたと思うとなんだか素敵だな〜と我ながら思います。いろんなお客さんがもってきてくれた様々なジャンルの洋服たちを店頭に並べて、私みたいに古着が好きな人に買ってもらう。

高いお金を払わなくても、可愛い服が手に入る。あともう一つの古着のいいところは、傷んでしまったら潔く捨ててしまえるところです。1万円で買ったものに穴があいてしまって使えなくなってしまったらそれはもう悲しいですよね。でもそれが300円なら、300円だしまあまた安くて可愛いやつ買えばいいかってなりませんか?断捨離するときも古着だともともと誰かのもの、そして自分のもの、となればもう着ない服は心おきなく捨てることができますよね。それでもまだ惜しかったらもう一回売りにだすのも全然ありです。

確かに新品ではないので多少の使用感はありますがそれがまたいい味がでてて古着好きにはたまらなかったりします。デパートの高い服も可愛くて大好きなのですが私はたぶんこれからもずっとやっぱり古着が好きです。古着に全く興味のない人もぜひふら〜っと立ち寄ってみてください。私みたいに古着が大好きになる方もいらっしゃると思います。他にも古着の魅力はたくさんありますが一度みなさんに足を運んでもらったら古着の良さに自然と気づいてもらえると思います。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です