ヤバい下半身太りの原因を理解して、痩せる為の9つのポイント

日本人女性に多いと言われるのが、下半身太り。果物の洋ナシのような体形で、上半身はとてもほっそりしているのに、腰から下がぽっちゃりしているタイプの太り方です。下半身太りの原因は大きく分けて三つあります。水分によるむくみと、脂肪太り、筋肉+脂肪の合わせ技。それぞれの原因と対策はどうでしょうか。

 

下半身太りの原因と改善

スポンサーリンク

 

 

■1.水分がたまっているなら、リンパマッサージ

女性に非常に多いのが、余分な水分が下半身にたまっている、むくみ型下半身太り。水分は体の筋肉によって上へ送られますが、筋肉が少ない人はなかなか水分が下半身から出ていきません。そのため下半身ばかりが太るのです。
たまっている水分はリンパマッサージで移動させましょう。
水分とともに老廃物も滞っていることがおおいので、リンパにそってマッサージすることで、水分と老廃物を一緒に移動させる方法です。

 

■2.軽い運動で座りっぱなしを防ぎ、むくみ改善

運動不足も下半身太りの大きな原因です。座りっぱなしの仕事はもちろん、立ちっぱなしの仕事も体を動かしているわけではないので、疲労感があっても痩せることにはつながりません。
座りっぱなし・立ちっぱなしの仕事は、足のむくみの原因でもあるので、せめて1時間に1回は軽作業をしたり、短い距離でもいいので歩き回ったりして下半身を動かすようにしましょう。
歩くことで筋肉が動き、水分や老廃物が上半身に移動して排出されやすくなるんです。

 

■3.水分をため込まないように、カリウムで排出

下半身太りの人は、塩分の多い食事が多いのが特徴です。塩分=ナトリウムは取りすぎると体に不要な水分をたまり、体内の細胞の水分バランスを乱すことになります。つまり、むくみやすいということです。
これを解消するには、カリウムを積極的に摂るといいですよ。カリウムには体内のナトリウム量を調整する働きがあり、余分な水分の排出をうながします。
バナナや海藻、アボカドに多く含まれているので、こまめに食べるようにしましょう。

 

 

■4.脂肪太りには、揚げもの・インスタント食品がNG

下半身だけでなく、全身にぜい肉が…という人に多いのが、カロリーの多すぎる食事です。
揚げものやカップ麺、インスタント食品には、トランス脂肪酸という油分が大量に含まれています。トランス脂肪酸は合成油で、ごま油やオリーブオイルのような天然由来の脂ではありません。
そのため体内でも燃焼率が良くないと言われ、摂りすぎるとそのままぜい肉になってしまいます。もちろん下半身にもたくさんついてしまう。
最近太ったかなと思ったら、食べたものを見直してみましょう。粗食でも、自炊の回数を増やすのが痩せる近道です。

スポンサーリンク

 

 

■5.20分の有酸素運動で脂肪燃焼!

下半身太りの人は、有酸素運動が足りない傾向もあります。
有酸素運動とは、酸素を使って体の筋肉を使い、脂肪を燃焼させる運動です。負荷は軽度〜中程度でよく、脂肪を消費するために下半身太りの人にはとても効果的なエクササイズです。
ウォーキングや自転車、水泳などが有酸素運動ですが、運動を始めてから20分ほどが経過しないと脂肪が燃焼し始めないのがネック。
週に2〜3回でいいので、最低20分の軽い運動を継続すると下半身太りも解消しやすくなります。

 

■6.骨盤矯正で脂肪をため込むルートをシャットアウト

上半身はきゃしゃなのに、下半身だけが太っている。こういう人に多いのが、猫背や骨盤のゆがみを放置しているケースです。
とくに骨盤のゆがみは、放っておくと内臓があるべき場所以外のところに行ってしまい、代謝が悪くなって脂肪がたまりやすくなります。
お腹やお尻、太ももばかりが太っていく人は、整体などで骨盤矯正をしてもらい、日常的に姿勢を正すように気をつけましょう。

 

■7.筋肉質すぎる下半身には、足裏エクササイズ

もともと運動をよくしていて、筋肉が下半身にしっかりついている。こういうタイプも下半身が太りやすいんです。運動をし続けている間はそれほど太りませんが、運動をやめたあと筋肉に脂肪がプラスされて一気に下半身だけが太ります。
筋肉質なのは悪いことではありませんから、運動を止めずに続けるのが大事です。

 

■8.ヒールをやめて、脚の筋肉のバランスを改善

筋肉質の人にはヒールの高くないローヒールかフラットシューズがおすすめ。ヒールの高い靴は重心が爪先にかたより、ふくらはぎの筋肉をさらに増やしてしまい、脚太りの原因になります。
さらにヒールを佩き続けていると“浮足”になりやすく、体全体を支えるために変なところに筋肉がついてしまいます。
筋肉質の人ほどローヒールで、脚に負荷をかけすぎないようにしましょう。

 

■9.ストレッチで筋肉太りをほぐして解消

がちがちの筋肉で太ももやふくらはぎが太って見える。筋肉で下半身太りに見える場合は、筋肉を柔らかく伸ばすストレッチも効果的です。
お風呂に入ってから、ゆったりと足首からふくらはぎ、膝から腿の付け根へ向けてストレッチ。つきすぎた筋肉をゆるめてあげましょう。筋肉がつくのは悪いことではありませんが、あるべき場所以外の筋肉はほぐすことで細くするのがいいでしょう。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です