「まじ無理・・」彼女にはしたくない女性の特徴10選

たとえオシャレでも、美形でも、スタイル抜群でも、どうしても恋の対象外に見られる女性がいます。

今回紹介するような特徴について、もし思い当たるなら、ぜひ直しておきたいものです。

スポンサーリンク

【1. 人の悪口が会話のメイン】

とにかく人の悪口ばかり言う女性は、単純に嫌われます。

ほとんどどんな人についても無理に欠点を見つけて悪く言い、それを楽しむような人は、やはり彼女候補になどなりえませんね。

男性からしてみれば、「俺の悪口もどこかで言っているんだろうな」などと考えてしまいます。

男性を持ち上げる言葉を言うとき、その場にいない別の男性をdisるクセがある人も、嫌われます。

「職場に、本当に意地悪で苦手な人がいる」など、同情を得られるような形で、ときどき人の悪口を言うぐらいであれば、特に問題ありません。

できるだけ人を不快にさせない話、人を褒める話をするように心がけたいものです。

【2. 最低限の身だしなみができていない】

男性は、女性の細かなファッション・小物選びなどについて、女性自身が思うほどは気にしないものです。

しかし、毛玉だらけのセーターを着ているとか、服にきちんとアイロンがかかっていないとか、出先なのに髪がボサボサだとか…。

そこまで行ってしまうと、男性からは恋の対象外とされてしまいます。

【3. キタナイ言葉遣いをする】

「何だこのメシ、マジィなあ」とか、「そんなくだらねぇ話、今すんなよアホ」だとか…。

あまり書きたくもありませんが、キタナイ言葉遣いは、ダイレクトに男性に嫌われます。

少しラフである、という程度ならともかく、キタナイ言葉遣いの度が過ぎれば、やはり誰からも彼女候補とは目されなくなるでしょう。

無意識的に使っている不快な単語などもあるかも。友人や家族にときどき率直なところを聞いてみても良さそうですよ。

【4. 食べ方が見苦しい】

「ものの食べ方」は、男性からかなりチェックされているポイントです。

何もマナー教室に行って完璧な作法・テーブルマナーを身につけるとか、そういう必要はありません。

しかし、クチャクチャと音を立ててものを食べたり、箸の持ち方が全く間違っていたり、パスタをすすって食べたり…。コーヒーやスープを音を立てて飲むなども、最悪な印象となります。

こういう女性と付き合いたいと思う男性は、まずいないものです。

【5. 下品なクセがある】

鼻や耳をほじる、腕や背中、首をボリボリと掻く…。

こういったクセがあると、やはり男性は「彼女にすることは考えられない」と思ってしまいます。

電車などの椅子に座っているとき、無意識に脚を開いてしまう女性も、やはり嫌われがちです。

平気でゲップやオナラをする、などもやはり困ったクセです(クセではなく、つい出てしまった場合は、「あ、ごめん(笑)」などと言うことでむしろ好印象にもなります。

自室に一人でいるときなどは、こういった品のない仕草が出る人もいるかもしれません。人前ではきちんと「人前」を意識しないとですね。

【6. 店員などへの態度が横柄】

どちらかと言うとこれは、男性に多く見られるNG要素でもありますね。

しかし女性でも、あからさまな上から目線、横柄な態度で各種店舗のスタッフなどに接する人はいます。これは非常に嫌われます。

言葉のキタナさまで加わってしまうと、もはや印象は最悪です。

自分より目下の人とばかり行動していると、こうしたことを注意してくれる人と接する機会がなくなります。

会社の先輩、昔の学校の上級生などと外で会う機会を増やしてみると、変わる可能性があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

【7. 口が軽すぎる】

口が軽すぎると見られると、彼女にはとてもできないと考える男性が多数です。

「◯○さんに聞いたんだけど、○○さんの奥さんは、妹さんといつもケンカしているらしい」とか、「あの○○さんという人、実はスピード違反で免停になったことがあるって言ってたよ」などなど…。

思いついたまま何でもかんでも言ってしまうと、やはり信頼が得られません。たとえネガティブでない内容だとしてもです。デリカシーもないと感じられますね。

このタイプの女性は明るく快活なことも多く、男性から見て必ずしも全体的な印象が悪いわけではありません。ポジティブな噂話などなら、会話が弾む場合もあります。このため自分がモテていると勘違いしてしまう状況も。

ところが男性からしてみれば、「この人と付き合ったりしたならば、僕のあらゆる情報が、アチコチに筒抜けになってしまう」と恐怖心すら感じることもあるのです。

【8. さまざまなことに、敏感・神経質過ぎる】

「私、電車の椅子って不潔な気がして座れないんです」とか、「この店、照明が眩しすぎて目眩がしてきちゃいました」だとか、「あのショッピングモール、香水の店のニオイが入り口から分かっちゃって気分が悪いんです」だとか…。

あまりにも敏感・神経質だと感じられると、嫌われはしなくとも、「カップルになって一緒に行動するのは無理!」と判断されることが多くなります。

こうした傾向は「人柄が悪い」わけではないですし、女性本人が自身の過敏さで困っているなら、専門機関でケアを受けてみるなども良いかもしれません。

【9. 女性を感じさせるファッション・言動等を一切しない】

男性のような短髪にしていて、スカートも決してはかない。メイクもほとんどしないか、女性らしからぬもの。

可愛らしいものや、きれいなものなどにも、全く興味がない。「やっぱり誠実な男性って素敵なんだよなあ」などと、恋や異性への興味を感じさせる言葉も、全く出てこない。

こうした女性は、特に男性に嫌がられはしません。よって、「女友達」としては十分に対象になります。

けれど、なかなか「女性」としては見てもらえなくなってしまいます。たとえ人柄にとても魅力があったとしてもです。男性から見て「ボーイッシュ」であることと、「女性を感じることができない」は別物です。

主体的にそうした生き方を好んでいるなら、誰も否定するものではありません。

しかし、厳しい運動部に長く所属していて、いつの間にか「女性らしくする」ことが恥ずかしくなってしまった…などのケースでは、もったいないですね。

【10. やさしくない】

子どもやお年寄りなどを馬鹿にするとか、動物に対して乱暴な接し方をするとか…。

このような「やさしさのない」女性には、男性は惹かれません。

たとえば子どもや動物と接することが苦手・不得手なのは、全く問題ないのですが、「やさしさ」があるかどうかを男性は結構よく見ています。

残念な事故のニュースを見て笑ったり、病気や怪我で困っている人について、嘲笑するような発言をしたり…。そうした女性では、やはり「彼女にしたい」と思う男性は現れないでしょう。

ややクールであるとか、ツンデレ気味であるとか、そういったレベルの話とは、全く異なるものです。そのぐらいならば、当然魅力にもなります。

男性は、「根本的にやさしくない女性」には冷たいものなのです。

【まとめ】

大まかに見ると、やはり人間性面で大きなマイナスポイントがあると、やはり恋の対象外とされてしまうわけですね。「恋愛以前の問題」とも言えて、変わりようがなさそうなケースも…。

「クセ」系のNG要素では、自分では気づかないものもあるので、友人などにチェックしてもらうのも有効でしょう。場合としてはたった1つの決定的なクセだけで、「彼女候補としてはありえない」とされるケースも考えられます。これはもったいない話です。

過敏であるとか、女性を感じさせない個性だとかは、人間性として何ら問題ではないことですが、気にかけてみて損ではないでしょう。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です