カップルが自然消滅になってしまったキッカケ5選

好き同士だったはずなのに気づけば相手から連絡が来なくなったりこちらからも連絡を躊躇う事態となり、自然消滅という結末を迎えてしまうカップルが存在しています。気持ちはあるのに自然消滅となってしまうなんて不思議だと思いませんか?せっかくの両想いをよくわからない形で台無しにしてしまうことは悲しいことです。今回はカップルが自然消滅になってしまったキッカケやなりやすい理由をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

1. 遠距離恋愛は自然消滅になりやすい
遠距離恋愛は電話やメールで連絡をしても相手の表情が見えませんし、頻繁に会うことができるカップルと比べて相手のぬくもりを感じることができません。そのため、恋愛に対する熱をなかなか感じることもできず、しっかりあたたまっていない分冷めやすくなってしまいます。ただでさえ会うことが難しいというのに会えない時間に愛をあたためられないことで会っている時ですら寂しさや虚しさを感じてしまうでしょう。そして、危機感を持ったとしても話し合うチャンスもなかなかないので自然消滅の危険性が高まってしまいます。

2. やりたいことがたくさんある同士は時間が足りない
恋愛もしたいけれど仕事もしたいし趣味も楽しみたい!お互いがこんなタイプの場合は全てをやり尽くす時間が足りず、恋愛が疎かになってしまうことがあります。何かを削らなければ時間は作れないのですから、やりたいことがたくさんある上にうまくいく努力をしなければ当然の結果ですね。自然と仕事や趣味を優先させたのであれば相手への思いは最初からそれほど強くなかったのでしょう。また、相手が他のことを優先させてかまってくれない寂しさから自分も何かに逃げてしまい、余計に二人の仲がこじれたり誤解を生んでしまうケースもあります。

スポンサーリンク

3. お互いプライドが高い
お互いプライドが高い場合は追いかけるよりも追いかけられたいとか求められたいと感じてしまいます。そうなると自分ばかりが連絡をしたり返信を待つことに苛立ちや矛盾を感じ、相手から仕掛けてくるのを待つようになってしまいます。その意地の張り合いがきっかけとなり、やりとりも次第に減っていきます。そこで「このままではいけない!」と気づいて自分を変える努力をできればまだ可能性はありますが、相手のせいにして改善の道を模索しないようでは自然消滅となってしまうでしょう。

4. 恋愛にハマるのに時間がかかるタイプ
交際経験が少ない人や相手に付き合おうと言われてなんとなくOKしてしまったという人の場合は恋愛にハマるのに時間がかかります。そして気づけば自然消滅の道を進んでしまうのです。交際経験が少ないとどのくらいの頻度で相手に連絡をしたらいいのかもよくわかりませんし、相手の気持ちの揺れ動きにも敏感に気づいてあげることが難しくなります。そんな自分の不甲斐なさに悩んで相手を避けるようになることもあります。

5. 相手を思いやり過ぎてもすれ違う
あまりにも優しすぎる場合も二人の仲が自然消滅となってしまう可能性があります。それは、相手を思いやり過ぎるせいで「会いたい!」とか「次いつ会えるの?」などと素直な思いや欲求を伝えることができなくなるからです。たとえ本当に忙しくても可愛いわがままなら愛されている実感となりますし、言われた方も悪い気はしません。しかし、わがままで困らせてはいけないなどと遠慮ばかりすることで相手には本当の思いが伝わりませんしストレスも溜まっていきます。そしてお互いが寂しさに耐えられなくなってしまうのです。

6. まとめ
カップルが自然消滅になってしまうキッカケはさまざまですが、そうならないために一番大切なことは「危険だと気づいた時に二人でしっかり問題に向き合うこと」ではないでしょうか。時間がないカップルでも恋愛に慣れていないカップルでも二人で向き合って自分達のスタイルを作っていくしかありません。自然の流れにまかせるだけでは難しいのが恋愛というものです。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です