結婚できない女の特徴10選、あなたは大丈夫?

世の中には、結婚できない(あるいは婚期が遅れに遅れる)女性がいます。本人に悪気はなく、なぜ自分が結婚できないのか理由が分かっていないみたい。

 

しかし周囲からみると「ここさえ直せば、すぐ結婚できるのに〜」と感じることがあります。

スポンサーリンク

 

ここでは結婚できない女の特徴を10個あげてみました。ひょっとしてあなた、このゾーンに入っちゃっていませんか?

結婚できない女の特徴

1

■人に頼りすぎる女
20代後半にもなって仕事にやる気が見られない。自宅から通って、家事もお母さんまかせ。こんな女性は、男性と付き合っても依存度が高すぎて、結婚がなかなかできないタイプです。

結婚とは、まっさらの状態から大人が2人で生活を始めること。付き合い始めの時点で「私、結婚したら専業主婦になりたいの」などと言われたら、男性はドン引きです。

今は、結婚しても共働きでなければ夫婦2人が食べていくのがむずかしい。最初から全部を背負わされると思ったら、男性はとても結婚しようと思わないでしょう。
このタイプの女性は、なぜか歴代の彼氏がダメンズや年上男との不倫が多い。せめて実家から出て1人暮らしをして、精神的にも経済的にも自立することから始めましょう。それに実家暮らしでは、彼氏も出来にくいですよね。

 

【関連記事】

バツイチで上手く婚活する方法とは?4選

お見合いの上手な断り方は、この3つ

50代独身女性の人が結婚するためにしたい事4つ

30代女性なら、この婚活方法4選がおすすめ

婚活で相手に求める相場の年収はいくら?

40代女性の成功する婚活戦略とは?

 

■自立しすぎている女
反対に、あんまり自立しすぎているのも考えものです。仕事がバリバリできて高収入というタイプは、男性からみると声をかけづらい。

 

まして女性が高圧的な態度だと、男なんてあっという間に逃げ出してしまいます。いくら付き合っても、最終的には「君にはもっといい人がいると思うよ」と言われ「俺じゃ、役不足だから」と逃げ切られてしまいます。
本気で結婚したいと思うなら、ほどほどにカワイイ女も演じなくてはいけません。自立している女が時々見せるかわいらしさは絶好の切り札です。デキる女の弱みやスキは、男性の気持ちを引きつけるもの。なんだかんだいっても、男はカワイイ女が大好きなのです。

 

■周囲に気を使わない女
まわりの人間につねに気を使うのが大人の女です。

会社勤めをしていれば、それなりの気配りができるようになるはずですが、ときには「自分が世界の中心だ」と信じて疑わない女性がいます。飛び抜けた美貌やカリスマ性があれば別ですが、普通の会社にそんな女性がいるはずがない。

普通レベルの女性が最低限の気配りさえできないとなると結婚はむずかしい。
結婚すれば、旦那さんの人間関係も否応なくかかわってきます。配偶者の会社関係や親族にも気を使わねば事はうまく進みません。とくに社内恋愛中の男性は、彼女の社内の評判を非常に気にします。同僚や先輩の評価が低い女性とは結婚したがらないものです。

 

■オシャレすぎる女
女性はオシャレが大好きなもの。男性は彼女の服装には無頓着です。ほどほどに流行を追っている程度なら、「良いんじゃないの」と寛大です。
問題はオシャレすぎる女性です。どんなときでも朝のメイクに1時間をかけ、ネイルやヘアサロンに通うことを他の予定よりも優先する。とても着られないだろうと思うほど大量のお洋服をデートのたびに買い込む。こういう女性は家庭生活に向いているのか?と男性は怪しく思うのです。結婚できない理由の一つになってしまいます。
とはいえ、つねに流行とはまったくかけ離れたファッションで、外食もせず飲みにも行かない。髪の毛はいつもひっつめて、ヘアカットは年に数回という女性では、結婚どころか彼氏ができるかも疑問です。
ほどほどにオシャレ、ほどほどに地味、というのが、男性の望む結婚相手ですね。

スポンサーリンク

 

■美人過ぎる女
世の中にはキレイすぎる女性がいます。モデルや女優なら当たり前ですが、ふつうの会社では浮いてしまう。美人でも結婚できない人は大勢いるのです。一般の会社では、目を引く美貌はかえってマイナス要因です。男性は「自分では釣り合わない」と思って、アプローチさえしてくれません。
だからといってむりに地味にしても、かえって変な風に美貌がきわだってしまいます。いっそごまかすより「私、美人ですけど結婚する気がありますよ」とふつうにアピールしましょう。そして中レベルくらいの男性を選ぶと、幸せな結婚生活になることが多いようです。
■若い時にモテすぎた女
どんなに美人でも、婚期をのがすと「あの人理想が高すぎてうまくいかない」などと言われます。理想が高すぎるからです。これは若い時に付き合った男性のレベルと、その後の男性のレベルが変わってくるのに、本人の理想だけが変わらないことから起きるギャップです。
男性は若くてきれいな女性がすき。社会がどう変わろうと、この一点だけは変わりません。そして若い時にきれいでモテた女性は、一番よかったときを忘れられないのです。残酷な事実ですが、年齢とともに女性の美しさはどんどん落ちていきます。そこをユーモアや頭の良さ、気配りでカバーしていかないと、昔どおりにはモテません。
自分への投資をおこたらない女性は、年齢を重ねてもモテ続ける。これが分からないと、かつての栄光を忘れられず結婚がますます遠のいていくでしょう。

■家事ができないことを威張る女
今や結婚後も共働きが当たり前。男性も女性も一生家事をしなくてはなりません。ところが、ときどき「私、全然家事ができなくって」といばっている女性がいます。こんな一言は、20歳以下でアイドル歌手なみにカワイイ人だけに許されるものでしょう。
家事ができると言うのは、自分の身の回りのことができるという証明です。精神的にも経済的にも独り立ちしていなくてはいけない年齢なのに、料理も作れない掃除もできないでは、結婚どころか1人暮らしさえもむずかしい。
理想をいえば、実は家事がうまいのにそれを自慢しないことです。家事ができる=お母さんの代わりという図式では、男性がつけあがるだけ。ホントはできるのに、あえて出来ないふりをするというのがうまいやり方です。

■お嬢気分が強すぎる女
そもそも、本物のお嬢様なら婚期を逃すことはありません。

 

適当な年齢になれば、周囲がおぜん立てをしてしかるべき相手と結婚させてしまうからです。ところがごく普通の家庭の箱入り娘ほど、「私はお嬢様育ちだから」とぼんやりしているだけ。

 

これは本物のお嬢様ではなく、単なる「気が利かない人」です。
本物のお嬢様ほど、まわりの人に気を使います。これは常に家族以外の人がいる状態に慣れていて、無意識のうちに気配りができちゃうのです。そのレベルにまで達していない「中途半端お嬢様」こそ、もっと周りに気を使うべきでしょう。

 

■一言多い女
男性でも女性でも、言わなくていいことを行ってしまう人がいます。

 

こういう人は、性別を問わず結婚がおくれがち。飲み会や合コンではど真ん中に座りますが、自分では全然動かない。そのくせ、他人がやってくれたことにはなにか言わずにいられないタイプです。
つねに上から目線で、言い方も相手を小馬鹿にしたような雰囲気。これでは場は盛り上がりませんし、合コン相手も乗ってきません。その結果「次の合コンには呼ばないでおこう」と言うことになり、次第につき合いが減ってきます。
相手がどんなことを言おうと、とりあえず肯定する。よくよく話を聞いて、自分の意見はやんわり言う。このテクニックが使いこなせるようになれば、仕事もプライベートもうまく回りますよ。

 

■人がよすぎて浮気しそうな女
女性の中には、八方美人で誰に対しても愛想がいいタイプがいます。友人なら「人当たりがいいよね」ですみますが、彼氏となれば話が別です。「どんな男に対しても、愛敬を振りまいている」→「浮気しているんじゃないか」と疑ってかかるのです。
彼氏といるときは、あまり異性にたいして愛想よくするのはひかえましょう。たまには他の男性と遊びに行きたい、ちやほやされたいと思っても、今の彼氏と結婚したければグッと気持ちをおさえるのも大事です。

 

■まとめ 結婚は生活です
恋愛と結婚はちがう。女性以上に、男性も結婚相手を選ぶときは冷静なものです。愛情以上に大事なのは「これから自分と一緒に暮らせる人かどうか」です。

 

結婚しやすい女性とは、平均的で常識があること。意外ですが、無難な女性ほど結婚が早いのです。自分らしくないことをする必要はありませんが、なにごとも「ほどほど」の範囲でおさめておくといいですね。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • 名無しのはーと より:

    男よりも同性の友人を優先させる女
    とはいえ、男よりも同性の友人と一緒にいた方が楽しいんだよね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です