男性に嫌われてるサイン・態度5つ

好き避けという言葉がありますね。冷たい態度をとられるけど実は好きの裏返しだ、ということです。でも男性って大半が単純です。嫌いと思ったら必ず態度に出ます。それが大なり小なり違いはあっても、です。今日は男性に嫌われてるサイン5つをまとめました。好きな人からこんな態度をとられてないですか?あなたは大丈夫?

男性に嫌われてる?

スポンサーリンク

 

1.話すときに目を見ない

男性は好きな女性や好意を持った女性のことはじっと見つめます。何とも思っていない女性のことも見ることはできます。しかし嫌いな女性の目は見ません。見たくないのです。さすがにプイッとするのは悪いので、顔はこちらに向けるかもしれません。だけど目を見つめてはこないはずです。また目つきも違います。横目でジロッと見てきたり鋭かったり、またはやる気のなさそうな無気力な目で見てきたりします。目は口ほどに物を言うとは本当のことですね。

 

2.ラインを既読スルー、未読スルーする

まず向こうからラインが来ることはありません。

そしてこちらから送ったとしても既読スルーor未読スルーでおしまい、でしょう。

もしかしたら「君には興味ないよ」「ラインしてこないでね」というサインを暗に送っているのかもしれません。未読スルーは忙しくて読めなかっただけじゃない??と思うかもしれませんが、何日も何日も忙しくて、ぶっ続けで24時間スマホを見られない状態なんて、まずありません。

 

3.近づいてこない

物理的に離れようとします。男性は好きな女性や好意を持っている子にはボディタッチしたいと思っています。できれば近くにいたいと思います。ところが嫌いな女性はこの反対です。近付こうとしません。

スポンサーリンク

もしこちらから寄って行ったのなら、離れようとします。人は誰しもパーソナルスペースを持っています。パーソナルスペースとは「他人にこれ以上入ってきてほしくない空間」のことです。相手との関係性によって、このパーソナルスペースは広くなったり狭くなったりします。嫌いな女性に対しては、このパーソナルスペースが果てしなく広いのです。

 

4.そっけない

「もしかして照れてるのかしら?」と思うあなたはポジティブすぎです。こちらから話しかけても「ああ」とか「そんなんだ」とか短い一言のみ、会話も膨らまず面倒くさそうな態度をとられたら、はっきり言って嫌われています。

男性は少しでも好意を持っている女性には、そんな態度をとりません。好き避けか嫌い避けかは表情を見ればだいたいわかります。

好き避けはちょっとニヤけている、顔が赤くなっている、表情がゆるんでいるなどが見られます。嫌い避けの場合は無表情で、こちらを見ません。見たとしてもジロッと横目で見てくるでしょう。

 

5.自分のことを明かさない

「誕生日はいつ?」「何型なの?」「どの辺に住んでるの?」と聞いても「あー」とか「うん」とかで自分のことを一切話そうとしない時は、あなたに自分のことを知られたくないということです。

知り合ってけっこう経っているのにこんな感じの場合は、仲良くなる気が全くありません。でも「どんなタイプの女性が好きなの?」と聞いたときは答えるかもしれません。だけどそれはあなたの正反対のタイプを言うでしょう。暗に「君のことはタイプじゃないよ」「だからもう近付いて来ないでね」というサインかもしれませんよ。

 

まとめ

好き避けなんて言葉もありますけど、男性は単純なんで、嫌いと思ったらけっこう顔や態度に出ます。ポーカーフェイスの男性も、表情には出ないかもしれませんが、態度や言葉に出ます。

もし嫌われてるな、と感じたらしつこくするのはやめて、ひとまず引きましょう。潔く諦めるのも手です。あなたを嫌っている男性にら心をくだく必要はありません。でも、もし彼のことが大好きで諦めきれないなら…嫌われた原因を冷静に分析してみましょう。恋愛に作戦は必要ですよ。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • kayu2hinata より:

    私はあまり好きではない女性にはラインを未読スルーしたりしますね。
    記事にも書いてある通り、あまりしつこく連絡しないで相手の性格に合わせて連絡してくれると嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です