映画・ドラマ

【映画】「この世界の片隅に」を見た感想・レビュー・あらすじ&原作について

投稿日:

今回は「この世界の片隅に」を見た人からレビューが届いたのでそれと一緒にあらすじ等を紹介しておきますねー。

まずはまだ見ていない人のためにあらすじ載せておきねー。

スポンサードリンク

「この世界の片隅に」のあらすじ

以下映画.com引用

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが……。能年玲奈から改名したのんが主人公すず役でアニメ映画の声優初挑戦を果たした。

 

以上があらすじになりますー。

じゃあ次に実際に見てきた人のレビューをどうぞー。

 

「この世界の片隅に」を見た人の感想・レビュー

 

この映画の凄いところはいくつかある。
映画に関して語る前に、『この世界の片隅に』の原作について、説明が必要だろう。

こうの史代 原作の漫画『この世界の片隅に』は、一部にコアなファンがいたが、『漫画アクション』という一時期、休刊にまで追い込まれた雑誌で連載されていたこともあり、決してメジャーなマンガだったとは言い難い。
しかし、根強いファンからの任期は圧倒的で、アニメーション化を求める声に後押しされる形で、映画化の話が進んでいく。その際に、取られた手法がネットを介して寄付をつのるクラウドファンディングだ。そこで数あるクラウドファンディングサービスの中で、国内史上最高額の3600万円近くを集めるという快挙をおこす。
これが制作資金になっていくので、もちろん寄付をした人たちは間違いなく見に行っただろう。

スポンサードリンク

私も公開日の翌日に観に行ったが、市内でいくつかある映画館のうち、1つしか上映していなかったこともあり、既にパンフレットは売り切れという状態だった。ただ、レイトショーを見たこともあり、満員というほどの混雑はなかった。

終わってみるとこれほど、年齢層を選ばない作品はないのではないかと思うぐらい様々な年齢に観て欲しい作品だった。もちろん涙を堪えるシーンも何度もあった。映画や教科書、テレビで知っていたはずの戦争をこれほどまで、日常生活に丁寧に落とした作品を私は見たことがない。
それぐらい『普通』を描いた作品なのだ。
食生活と戦争。
親子と戦争。
恋人と戦争。
主婦の日常と戦争。
あの時代、すべてが戦争と直結していて、その中で生きていくことが普通だった。だけど、その普通は本当に普通なのか。

今の普通は普通なのか。
いつ、普通は崩れていくものなのか。
改めて考えさせられる作品だ。

だからこそ、この映画を見終わった後に、多くの人が伝えたくなるのだろう。
『この映画を見て、自分の普通について考えてみてくれないだろうか』
『あなたの普通を教えてくれないだろうか』
『私は普通か教えてくれないだろうか』
誰かと共有することで、相対的に自分が見えて来るように、誰かと共有することでこの映画の片隅が見えて来るのだ。自分の気づかなかった普通が見えてくるのだ。

だからこそ、この映画は年明けから上映館が一気に広まった。
まさかこれほどまでメディア露出がされていなかった作品が、良作であり口コミや公開希望の声を集めるとは、業界関係者も思っていなかったのだろう。

だが一見、ほんわか家族アニメのように見えるこの映画は、間違いなく見る価値がある近年の良作の1つだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

「間違いなく見る価値がある近年の良作の1つ」

ここまで断言されたら見るしかないよね〜笑

気になっていた映画でもあるからレンタル開始されたら見てみようと思いますー。

見た人は良かったらコメントで感想をお聞かせ下さい〜。

ではまたー。

スポンサードリンク

-映画・ドラマ

Copyright© SULALI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.