クビレニスタは産後のダイエットにおすすめ?デメリットは?

ウェストのくびれは、ないよりも絶対にあったほうがいい。でもスレンダーな人でも、意外と寸胴ってことはありませんか?実は実は、それって骨盤の位置がずれているのが原因なのかもしれないんです。

だったら、骨盤の位置を正しく治せば、痩せやすくなるんじゃないでしょうか?

 

クビレニスタとは?


クビレニスタとは、はくだけで骨盤を引き締めて、本来あるべき正しい位置に戻れるようサポートしてくれるショーツのことです。骨盤は体の中心で、立つときも歩くときも座るときも、骨盤が正しい動きをしていないと体のあちこちに不具合が出てきます。

これほど大事な骨盤ですが、女性は骨盤がゆがんでいる人が多い。ふだんの姿勢からゆがみが出たり、出産後に骨盤の位置がずれてしまったり、と骨盤がずれる理由はたくさんあるんです。

クビレニスタのすごいところは、下着としてはくだけで骨盤が正しい位置にもどるお手伝いができること。人間工学に基づいた設計で、適切なところに圧力がかかるようになっているので、何もしなくてもクビレニスタをはいているだけで、次第に骨盤が矯正されてくるんです。

スポンサーリンク

ちなみに骨盤が正しい位置にもどると、姿勢も良くなります。猫背やO脚・X脚に悩んでいる人にはとっても嬉しい効果ですね。また体内の内臓を支える筋肉もしっかりするので、ポッコリお腹が改善することが多い。また不必要なところに脂肪がつかないようになるので、太りにくい体に近づけます。

 

産後のダイエットを考えているなら、ドクターと相談して

 

骨盤の位置が戻れば、産後の体のゆるみも改善しやすくなります。妊娠中の女性は、骨盤が10か月かけてゆっくりゆっくりと開いていきます。これでおなかの赤ちゃんの成長を妨げないのですが、出産後は一気に元の位置に戻ろうとします。

骨盤が緩んでいるのを、一気に締めようとすると体が不調をうったえることがあるので、産後の骨盤ケアを始めるときはかかりつけの産婦人科ドクターと相談しましょう。ケアを始めてもいいとなったら、とりあえずクビレニスタからスタートすると無理がありません。

そして体調が元通りに戻ってからも、引き続きクビレニスタを使い続けると、骨盤の位置は正しい場所に戻ったままです。ほとんどのママは体重もゆっくりと減っていき、気が付いたら産前と変わらないくらいの体型に戻っていけるんです。

ついでに言えば、母乳育児をすれば体重の戻りはとってもスムーズ。多くのママは産後に特別なダイエットをしなくても、クビレニスタと母乳育児であっさりと体重が落ちるみたいですよ!

クビレニスタのデメリットは?

簡単履くだけで骨盤を矯正できるクビレニスタ。とはいっても下着ですから、着用していて深刻なトラブルやデメリットがあるとは思えません。履いていてキツいと思えば、Lサイズを買いなおすのが良いでしょう。クビレニスタはMサイズとLサイズの2つしかありません。あえて問題点があるとすれば、LLサイズがないことでしょうか!

クビレニスタのサイズは、Mサイズがヒップ87〜95cm、Lサイズが96〜105cmです。このサイズが合わないと骨盤を正しい位置に持っていくことが難しいので、十分なダイエット効果が得られなくなります。
購入前にきちんとヒップサイズをはかり、適切なクビレニスタを買いましょう。

もしサイズを測ってみて、Mサイズではキツいが、Lサイズだと大きいという人は、クビレニスタの下に普通の下着を着て調整すればいいんです。

というわけで自分のジャストサイズがMとLの中間だという人は、Lサイズを購入することをおすすめします。もし使っていてどんどん体形が変わり、Mサイズがジャストになれば、また買いなおしましょう。クビレニスタの効果でお腹周りのぜい肉がなくなってくると、Lサイズだった人がMサイズになることも珍しくないんですよ。

クビレニスタはこんな人におすすめです

とにかく履くだけで骨盤の矯正サポートができるクビレニスタ。仕組みはシンプルですが、効果はかなり高いです。洗い替え用の3枚セット、5枚セットがあるほどリピーターが多いので、骨盤の位置が気になっている人は、ぜひともお試しくださいね!圧迫感がないのもうれしいです。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です