LINEで告白する時に気をつける事5つ

LINEは、とても便利で使い易く、利用している人は多いと思います。
この便利なLINEを使って、告白しようとしている人も多いはずです。
しかし、便利なLINEにも、告白をする時に気をつけなければいけない事があるのです。
一体、どんな事を気をつければ良いのでしょうか?

LINEで告白する時に気をつける事

IMG_0896_s
スポンサーリンク

 

 

■送る相手がLINEをどう思っているのかが大切
若い人は連絡をやり取りするのに、LINEを当たり前のように使っていると思います。
しかし、年配の人からすれば大事な用件を、LINEでするものでは無いと思っている人もいるのです。
LINEというアプリを、簡単な連絡のやり取りとして使っているのか、または、重要な事でもLINEで連絡をしているのか、相手のLINEの使い方を知らなければ、告白はしてはいけません。
なぜなら、相手がLINEで大事な用件などを伝える人でなければ、LINEで告白されても、大事な事をLINEで伝えるんだな、と思うだけなのです。

 

■送る時間帯に気をつける
LINEなどを送る時、時間を気にせずに送ってしまう事がありますよね。
相手が、いつ見てくれても良いと思って送ってしまうのですが、告白をする時は、この時間というものも気にしなくてはいけません。
なぜなら、相手に「こんな時間にLINEをしてきて、常識のない人だな」と思われてしまう事があるからです。
人によって、時間に対する意識というものは違うのです。
なるべく、迷惑にならない時間の方が、告白の文章もちゃんと読んでもらえるのです。
夜遅い時間や、仕事中の時間にLINEを送らないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

■LINEの文章の長さ
告白をする時に、ついつい自分の思いを伝えようとして、文章が長くなる事があります。
しかし、告白の文章を長く書いては、逆効果になる時があるのです。
LINEを見た瞬間に、「長い!」と思われると、書いている文章がうまく伝わらない事があるのです。
自分の気持ちを伝えるという事は良いのですが、
文章が長くならないように注意しましょう。
そして、簡潔に自分の思いが伝わるような、文章を書く事を心がけましょう。
ただし、長い文章がだめだからと言って、極端に短い文章も効果がありません。
「好きです」の一言だけでは、軽い気持ちで言っているんだろうな、と思われてしまいます。
上手く思いを伝えるように、文章も考えましょう。

 

■スタンプを利用することは避けましょう
スタンプで感情を表現できるのが、LINEの良いところでもあるのですが、スタンプで告白を表現することはやめましょう。
あなたの思いを、軽く感じられてしまうのです。
冗談で送っているのかな?と勘違いされる事もあるのです。
スタンプを使うのであれば、上手に使う事を心がけてください。
相手から見て、勘違いをされるスタンプを使わないように注意しましょう。

 

■最後は顔を見て言葉でフォロー
LINEで告白をしたら、その後はやはり好きな人と会って、もう一度自分の思いを、言葉で伝えるようにしましょう。
やはりLINEなどの文章で思いを送るのと、顔を合わせて自分の思いを告げるのでは違いがあります。
告白に対する気持ちは、表情などで相手に伝わるものなのです。
顔を見て会話をすると言う事は、誤解を招くことも少ないですし、気持ちの行き違いも少なくなります。
最後は顔を見て言葉で思いを告げましょう。
あなたの表情などを見て、相手がどれくらい自分の事を思ってくれているのかが伝わるはずです。

このように、LINEで告白する時は、いくつかの注意点があるのです。
それは、顔を見ないで文章で思いを告げるという難しさがあるからなのです。
LINEで告白する方が、気持ち的には楽かもしれませんが、その分、いろんなことに注意をして告白をしましょう。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です