水瓶座(みずがめ)の性格【男性】 

星座による占いでは、水瓶座の男性は自由な発想力を持つオリジナリティがある性格です。古い考え方の枠にとらわれないので、時には周囲が振り回されることもあるという芸術家気質な人です。しかし相手の個性を尊重する部分も大きくて、一緒にいるとエキサイティングなタイプ。ちょっと興味がわきますね!

■水瓶座の男性は、個性的でオリジナリティあふれる性格!
水瓶座の大きな特徴は、個性をとても大切にする星座だということ。これは男女問わずに共通していて、子供のうちはやや個性的過ぎるといわれますが、思春期に入ったころからとびぬけた得意分野を持っていたり、ちょっと特殊な趣味に没頭したりするタイプです。クラス全員に好かれるというよりは、特定の女子層から熱烈な支持を受けるという感じの男性が多いんです。
一点に集中する傾向は大人になってからも変わらず、そのため一芸に秀でた人が多い。アーティストや歌手、俳優、タレントになる人が多い星座です。
周囲の友人や恋人とは付き合い始めると長い関係になりやすく、社交的ではないのに、なぜか友人がとても多い星座でもあります。

スポンサーリンク

■このポイントが水瓶座男性の困るところ
水瓶座はユニークな性格の持ち主ですが、何でもできる「いい子」タイプでないため、自分の持ち味を生かせる仕事や趣味を見つけられないと社会からドロップアウトしやすい傾向があります。ごく普通のサラリーマンよりは起業家、自営業を目指す男性も多く、安定性という面ではやや不安な要素があります。また、趣味にはまり込みすぎてオタクっぽいところも見られます。
全体的に見て、水瓶座の男性はいいところも悪いところも突出している点が強烈な個性となっています。この個性について行けるかどうかが、水瓶座の男性とうまく付き合っていけるかの分かれ目でしょう。
恋人としては刺激的でおもしろいのですが、冒険を辞さないタイプでもあります。辞さないどころか、むしろ大きな冒険を探していくタイプですね。人生が波乱万丈になるのは当然のこと。静かで穏やかな家庭を築きたいタイプの女性には、あまりあわないかもしれません。反対に、いつも新しいことをやり刺激がほしいという女性にはぴったりです。水瓶座の男性と付き合っているときは、退屈をすることは絶対にありませんよ。

スポンサーリンク

■水瓶座の男性のコントロール法は!?
水瓶座は自分と関わったひとをとても大事にします。恋人やパートナーについても同じことが言えますね。だから水瓶座の男性をうまくコントロールしようとしたら、「この人との付き合いは長くなる」という前提でしっかりと相手の性格を把握するのが第一歩です。
そして、絶対に束縛をしないこと。水瓶座は男性も女性も自由を第一に考えます。パートナーと精神的につながることが重要で、一緒にいなくても平気です。遠距離恋愛でも多少じぶんが浮気をしても、パートナーと同じ価値観を持ち、精神的に一体感があればいいという考え方です。
それだけに、ずっと一緒にいたい・相手を束縛したいとはまったく考えません。そんな彼を上手にコントロールしたければ、束縛したいという態度は絶対に見せないようにしましょう。水瓶座の男性(女性も?)は、嫉妬や束縛によって愛情を表現されてもピンときません。いったい何を言っているの?という感じする—されて終わりです。
またみずがめ座の男性は恋多きタイプ。元カノと何のこだわりもなく徹夜で話し込むこともあり、そこから関係ができてしまうこともあるのです。
束縛しないがしっかり観察する、目を離さないという態度をとるのが、うまくコントロールするコツですね。ついでに相手をコントロールしようとする態度は、絶対に見せてはいけません。自分の行動を誰かに縛られるのが大嫌いなのですから、そっと水瓶座の男性に気づかれぬように彼を方向づけしましょう。扱いには、繊細な注意が必要な男性なのです。

■水瓶座の男性と相性がいいのは、てんびん座とふたご座の女性♪
クールで独創的なみずがめ座の男性は、てんびん座の女性は相性がとてもいいんです。
天秤座の女性は性格がおだやか、ほのぼの系でやや天然系のほっこり女子です。それでいて頭は鋭くて知的な会話もしっかり楽しめる、水瓶座男性の理想の女性です。カップルになるとお互いを刺激しあい、周囲から見てもぴったりのカップルです。
ふたご座女性とも相性がいいですね。ふたご座女性は好奇心が強いタイプです。いろいろな知識もたくさん持っていますし、コミュニケーション能力が高いので友人も多い。人づきあいがいいという点でも、水瓶座の男性とうまくいきやすいんです。

■水瓶座の男性とどうしても合わないのはしし座とさそり座の女性♪
どうしてもみずがめ座男性とうまくいかないのが、しし座・さそり座の女性です。
しし座の女性はしっかりしていて芯が強い。頼りになるタイプですが、芯の強さが水瓶座の男性とぶつかります。物事に対する価値観がまるでちがい、プライドの高さや気の強い部分が激しく拮抗します。お互いに譲り合う性格の星でないため、一時的に大恋愛をすることがあっても、結婚して幸せな家庭を築いていくことはむずかしい。どちらかがよほど譲歩しなければ、恋愛関係になっても長続きしない組み合わせです。
さそり座の女性とは、友人としては相性がいい。創造的な活動という部分で共通点が多いですし、頭の回転が速いので会話もはずみます。ただ、さそり座は物事を観察してじっくり見極めていきますが、水瓶座はどこまでも直感勝負。創造性へのアプローチが真逆なのです。友人以上になろうとはお互いに思いませんし、もし恋人になってもすれ違いが多くてうまくいかないんです。

■まとめ 自由で独創的なアーティスト気質
水瓶座は、とにかく束縛されるのが大嫌い。これは男女共通ですが、男性はとりわけ束縛を嫌います。付き合う相手をも自由にさせてくれますし「どこに行っていたの?」「誰と出かけた?」なんてことは聞きません。それを物足りなく思ったり不安に感じたりする女性には向かない星座です。
うまく付き合っていこうと思ったら「これ以上は踏み込まない」というラインをしっかり引いたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です