生活を少しだけ楽しくするアイテム「モバイルプロジェクター」について

普段の生活の中にちょっとだけ非日常体験を取り入れることができれば、何気ない生活も少しだけ豊かになるというものです。そして、そのようなアイテムは現在数多く販売されており、ライフハックのためのアイテムとして、一つのジャンルとして確立してもいます。

私も生活に少しだけ刺激を加えてくれるようなアイテムには目が魅かれてしまいますし、少しでもお金に余裕があれば思わず買ってしまうモノが多いです。そんな中で今回私が紹介したいとおもっているのは、小型のプロジェクター、いわゆる「モバイルプロジェクター」というものです。皆さんも学校や会社などでプロジェクターを使って映像や画像をスクリーンに出力したことがあるとは思いますが、このようなプロジェクターが家にもあって、さながらホームシアターのように、映画が大画面で楽しむことができたらいいなと思ったことはありませんか。

スポンサーリンク

ただ、普通のプロジェクターは大きい上に値段が高く、自家用としては少し手が出にくいものだと思います。しかし、この「モバイルプロジェクター」は小型かつ低価格で、映像を出力するうえで十分なスペックを有しています。これさえあれば、場所も取らずに家で映画を楽しむことができますし、小型であるということを生かして、外に持ち運びをして、出先で利用するということもできます。例えば、会社での急なプレゼンや、アウトドアの中で映画を楽しんだりと、用途は様々なのですが、仕事でもプライベートでも一台あると便利な物でもあります。さらには、ある程度のスペックを有している物であれば、プロジェクションマッピングなどの高度な映像制作も可能となります。ここまで書きましたが、このモバイルプロジェクターが一台あれば、娯楽から創作、仕事にいたるまで、あなたの生活を一歩ランクアップさせることができるかもしれません。

スポンサーリンク

そして、ここまでいろいろ書きましたが、では今度はどこのメーカーのモバイルプロジェクターを買えばいいのかという問題が生じてきますね。ここはかなり重要な点で、スペックと価格を明確に比較したうえで購入するのと、しないのとでは、大きな違いが生まれますし、買ってから後悔するかどうかも大きく左右されます。ですので、ここでは簡単なスペックの比較方法について、書きたいと思います。まず1つ目は出力する映像の明るさです。これはルーメンという単位であらわされるのですが、この値が大きければ大きいほどはっきりとした映像を出力することができます。

家庭用であれば100~200ルーメンぐらいあれば十分だと思います。2つ目は、解像度です。解像度はそのまま画面の綺麗さに直結してくるので、重要なスペックだと思います。解像度は単位面積当たりの画素数で決まりますので、簡単に考えれば、数字が大きければ綺麗であると、考えてもらっても構いません。モバイルプロジェクターを買う上で重要な比較対象はこの2つだと思います。このほかにも大きさや重量、接続方法や操作性など比較することはできますが、まずはこの2つを比較して予算に見合ったものを買うことをお勧めします。生活を少しだけ面白くするアイテムとして、モバイルプロジェクターはとってもおすすめです!

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です