天才アーティスト・岡村靖幸の魅力について

岡村靖幸というアーティストを皆さんは知っているでしょうか。青春や恋愛といった物事を大胆に描いた歌詞の世界観と、ライブでの圧倒的なパフォーマンス、さまざまバックボーンから生まれる多彩なメロディー、どれをとっても魅力的な存在、「シンガーソングライターダンサー」それが岡村靖幸、通称「岡村ちゃん」です。この岡村ちゃん現在年齢が50代ともういいおっさんなのですが、やっていることは若いころとほとんど変わりません。

例えば、ライブで激しく踊りまわったり、客席に向かって投げキッスをしたり、客席に向かって「みんなは彼氏とかいるの?」とか聞いてみたり、長年ファンをやっている人から見れば、岡村ちゃん変わらないなぁ、と感心してしまうほどでもあります。そんな岡村ちゃんですが、彼の歌手生活の中にはさまざまなことがありました。彼はもともと作曲家として音楽の世界に入って、渡辺美里や吉川晃司への楽曲提供を中心に活動していたのですが、そのレコーディング中にスカウトされて、歌手デビューしたという特殊な経緯があります。さらに、若い時から人気が絶頂になり、絶頂期に逮捕されたり、太ったり、最近になって復活して、精力的に活動したりするなど、浮き沈みが激しい歌手生活であったということができます。でも、彼の制作する音楽の根幹の部分は変わっていないのかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しかし、その変わらないということが、岡村靖幸の何よりの魅力であり、それをどんなときでも受け止めてくれる、求めてくれるファンが存在していることにこの岡村靖幸の底知れぬ才能を感じてしまうのです。今でも岡村靖幸は毎年のように全国ツアーを開催しており、アーティスト活動を精力的に行っています。しかし、どんなときでもファンは岡村ちゃんを見たとき、変わらず「岡村ちゃんだなぁ」と言っていることでしょう。

もはや岡村ちゃんという一つの存在でもあるのです。そんな唯一無二の存在である岡村ちゃんをぜひ聞いてほしいので、個人的におすすめの曲を紹介します。初心者の方であれば「カルアミルク」「だいすき」「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」から入るのがいいかもしれません。それを聞いて、いいなと思ったら、次に岡村靖幸の最高傑作でもあるアルバム「家庭教師」を聞いてみることをおすすめします。

この「家庭教師」を聞けば岡村靖幸がどんなアーティストなのかということがはっきりとわかります。そして、自分が岡村靖幸が好きか嫌いかもはっきりとします。このアルバムを聴いて、いいなと思うことができれば、あなたは立派な岡村靖幸ファンになることができます。現在50歳を超えてなお、精力的に楽曲制作やライブを行っているエネルギッシュな岡村靖幸、私はこれからもずっと彼を追いかけて行こうと思っています。そして、これを読んだ方で気になった人が、岡村ちゃんのファンになってくれれば、こんなにうれしいことはないですね。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です