男がつい見てしまう女のパーツTOP4つ

男女関係ほど難しいものはありません。女子から見てステキだなと思う女性がモテるかといえば、決してそうではなく、反対に「えっ、この人がモテるの?」という女性がガンガン男性をおとしていくこともあります。そんなモテる女性は、男が注目する体のパーツをうまく使いこなしているんです。

男がつい見てしまう女のパーツ

スポンサーリンク

 

■やっぱりバストにくぎ付け

男が好きなパーツといえば、どうしてもバストになります。男性から見ると、女性の胸元は強力なアピールポイント。
ただし、巨乳ならいいのかというと、どうもそうではないらしい。
たしかに大きなサイズのバストが大好き!という男性もいますが、たいていの人はBカップくらいがあればいいと答えているんです。
なぜなら、男性にとって魅力的なバストはサイズだけではないからです。
いかにも柔らかそうなバストや、小さくても形のいいバスト、鎖骨部分がきゃしゃなのに胸元に谷間ができているバストなどが、つい見入ってしまう形のようです。
大きすぎるバストはかえって怖くてね…などという男子も少なくありませんから、Bカップだからといって悲観することはありません。
むしろネックラインや肩の出し方、鎖骨の見せ方できれいなバストラインを演出するほうが、男性の目をくぎ付けにできるようです。

 

■ウェストラインは少しでもいいからほしい!

バストからつながる、ほっそりしたウェスト。ここも男が見入ってしまうボディパーツです。
男性の体にはくびれというものがありませんから、女性のウェストラインには引き込まれてしまうことが多いらしい。
かといって、極端に細すぎるウェストはどうかという意見は男性側にもあります。
ほどほどにくびれがあり、バストからウェスト、ヒップへのなだらかなラインがあればそれが一番いいようなのです。
ここで忘れてならないのが、過度なダイエットはウェストラインを消してしまうこともあるということ。ウェストのくびれが欲しくてダイエットをしている女性は多いでしょうが、極端に痩せてしまうとバストのサイズも小さくなり、ヒップもしぼんでしまいます。
こうなると、ウェストがいくら細くても全体的にぺったりとした平板なボディラインになってしまい、男性が見入るようなくびれラインが作りにくいのです。
ウェストがなくなるほど太るのは問題がありますが、ほどほどに肉を残しながらダイエットをするのも重要です。

スポンサーリンク

 

■鎖骨のくぼみに、男はやられる

鎖骨は女性のきゃしゃさをアピールする大事なパーツです。
ふだんはシャツで隠れている鎖骨部分が、オフショルダーや深めのVラインのニットを着たときにチラッと見える。このチラリズムが男性の視線をくぎ付けにするのです。
でもあたし、太っていて鎖骨が見えなくて…という小デブ女子でも悲観する必要はありません!
実は鎖骨メイクでうっすらと鎖骨っぽいものを出すことは十分可能なのです。
まず鎖骨部分にパール入りのボディパウダーをのせて、つぎに鎖骨の上下にダークブラウンのパウダー(アイシャドウでもできます!)をブラシでぼかして乗せます。
これで完成。ダークブラウンのパウダーはパールなしにすれば、より高低差ができやすくて、いかにも鎖骨らしい印象が出せます!

 

■うなじの色っぽさでノックダウンしよう

うなじ(首の後ろ部分)は自然と色気が出やすいところです。とくに普段はロングにして髪をおろしている女性が、アップにしてうなじを出していたりすると、男性の視線はくぎ付けに。
といっても、ただうなじを出せばいいというものではありません。
産毛が生えっぱなしのうなじでは、色気も何もありません。
うなじ部分のお手入れは自分ではやりにくいので、家族にお願いしたり、美容院でカットをするときにうなじ部分のお手入れも頼むと、すっきりときれいに仕上がります。
このほか、柔らかそうなお尻がいいという男性や、手首の細さが好き!という男性も多いです。男性の視線が集中しやすい部分は気を付けてお手入れしたほうがいいですね

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • Kurispia より:

    私も女性を見るときは胸に目が行ってしまいますね、やっぱり男性はみんなこんなんなんでしょうかね~、男の本能ってやつですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です