『差し色 コーデ』流行と違う組み合わせで他と差をつける!

こんにちは〜。おしゃれしまくっていますか?
さて、春からずっと白とカーキ、メタリックを着ていると、だんだんコーデがワンパターンになります。夏になって、ふんわり素材や透け感のあるレーシーなものを取り入れるとしても、カラーは悩みのタネ。3色をぐるぐる着まわすっていうのにも、限界があるのよ。

【ちょこっと差し色で】
トレンドカラーだけを回していくのは、たしかに芸がありません。ではどうするか。差し色を使いましょうよ。白やカーキと相性がいいカラーで、2015年っぽいといえば、赤。赤はとってもインパクトがあるカラーだから、トップスやボトムといったボリュームがある部分で使おうと思うと、失敗することがあります。

おしゃれ上級者なら夏の赤もさらっと着こなせるんだろうけど、まあ買ってもクローゼットに入れっぱなしになるもんです。
だったら最初から、小さい部分で上手に差し色として使いましょ。失敗する確率も下がるし、うまく使えなくてもガッカリすることが少なくてすむ(笑)。トップスのワンポイントに赤が入っているものや、ベルト、スニーカーの一部なんかに入っていても、けっこう目立つものです。なにしろ赤だから(笑)。

【赤トップスはインパクト大】
もし、どうしても赤アイテムをトップスやボトムに使いたいという場合は、他のアイテムを超シンプルにしないとダメだよ。赤を使ったコーデをした人なら分かるんだけど、着た瞬間から「あのひと赤着ている」としか、認識されないほどビビッドなカラーだから。

赤トップスに合わせるものは、今年ならデニムです。ダメージデニムもいいし、ガウチョでもいい。足元もあまりインパクトがないヌーディなカラーを選びましょう。
黒シューズはパワーがありすぎて赤トップスとけんかします。まあ、無難なところでベージュや白ってところかな。柄ものはやめてね。無地のエナメル素材くらいがぴったりです。

【白パン×赤シューズ】
差し色として使うなら、バッグかシューズが一番。おススメはシューズです。赤のヒールやパンプスは白パンツととってもあう。全身シンプルな白コーデにして、サラっとできすぎちゃったっていうときは、赤のパンプスをはいてね。とってもキュートになります。かわいらしくしたいなら、アンクルストラップがついたヒールがおススメかな。

スポンサーリンク

白パンツだけでなく、Tシャツ×デニムのカジュアルコーデに、鮮やかさをつけてくれるのも赤シューズ。クラッシュデニムのカラーにも濃紺デニムにも、あうんです。くっきりした赤もいいけど、えんじ系のスリッポンやデッキシューズもいいですよん。

 

【関連記事】

《春服/2016》レディースファッションの流行りをわかりやすく紹介!

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です