3分で読める私・僕が紹介する◯◯コラム

埼玉西武ライオンズが強くなるための対策を自分なりにまとめてみた

投稿日:

ありきたりなジャンルですが野球に関してのものを書いていきたいと思います。今年はパリーグが北海道日本ハムファイターズ、セリーグが広島カープがリーグ制覇をしました。ただ私は小学生のころから西武ライオンズファンで当時は森 祇晶監督の下、常勝軍団を作っていました。打者は清原、辻、奈良原、田辺、デストラーデ、秋山、伊東、投手は石井、新谷、横田、工藤、郭、鹿取等、攻守ともに巨大な戦力を有していました。しかし、森監督が退任以降は東尾氏、伊原氏、伊東氏が担ってきましたがリーグ優勝はするものの、日本一には2008年以降経験していません。攻守ともに戦力はそろえていけるもののなかなか周囲のチームも強くなってきていて、選手時代は有名であったり、コーチとして他のチームをよくしてきた人材を持ってきても黄金時代には考えられなかったBクラスに甘んずる日々が多く非常に厳しい時代が続いています。

dscn2372

スポンサードリンク

これらの理由としては監督が西武ライオンズのOBであること、戦力が攻守ともに他球団を上回ることがほとんどないこと、またドラフトに関して非常に成功する頻度が少ないことが挙げられます。西武ライオンズOBであることが強くなっていくと外部の優秀な人を入れたとしても政治的な色が強くなってしまう傾向が出てきてしまい、モチベーションが上がらなくなってしまう可能性が出てきてしまいます。そうなると同じチームの首脳陣がそれぞれ他の方向性を向いていってしまい、それをみている選手陣は非常に不安定な気持ちになってしまいます。そうなると当然結果は出にくくなります。非常に単純ではありますが、今年の日本シリーズは両チームとも一体感が凄く、戦力が図抜けていたり、監督が選手時代、かなり優秀、ということではなかったのに、大きな結果が出るにいたりました。また北海道日本ハムファイターズの中心選手は日本代表の主軸でありながら、栗山監督を尊敬し溺愛していました。非常に信頼関係が出来上がっていたことをうかがわせる様なコメントが多くあったのも頷けます。

スポンサードリンク

戦力に関してはまず補強をしません。育成はその分、上手いところはあり飼い殺していってしまうようなことはあまりありませんけれども、補強がほとんどないように見えてしまいます。他球団は成績に関わらず、FAをしたり外国人を取りにいったり、動きが非常に活発でメディアでも報道されていますけれども、なぜか西武ライオンズは非常に腰が重い。今年は岸投手が移籍していってしまうけれども、ほとんど慰留する動きが見られず、機械的な対応で、普段からの球団側と温度差があったように見受けられます。

この西武ライオンズがAクラス、または優勝を果たすには、東京都ではないですが、いろいろな中にある膿のようなものを抜き出していってしまうことが重要であると思われます。これらは長期間かかりますが、外部から優秀な人材を高待遇で迎えることがまず手始めにやることではないかと個人的には思っております。西武OBだけでうんうんやっているだけではなかなか行動には移せなく、保守的な心理が強く働き、結果が出なくとも、やりきったことに、組織の人間は悦を見出します。ただ歴史を紐解いてみると日本軍がそうで日露戦争、日清戦争で相手国は全戦力を出していなくなかば撤退でしたが、日本の場合はこれに勘違いしていってしまい、後の世界大戦で大打撃を被りました。

現状打破を目指していくには、膿を出し、それを続けることが大事ではないかと思われます。以上となります。

スポンサードリンク

-3分で読める私・僕が紹介する◯◯コラム

Copyright© SULALI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.