スウェットのコーディネート!季節を問わずに使える!万能スウェット!

スウェットと聞くと、カジュアルなイメージがどうしてもありますよね。
実はこれ、コーデの合わせによって可愛らしくも、キレイめにも着れる万能アイテムなんです!
簡単にいくつかのコーデポイントを紹介したいと思います。

スウェットのコーデ集!

 

チェックスカート×スウェット

スポンサーリンク

20150929110952945_276
出典:http://wear.jp/

 

ビック×スウェット

20151117112035439_276
出典:http://wear.jp/

 

リュック×スウェット

20160413105955086_276
出典:http://wear.jp/

 

デニム×スウェット

20160512084204102_276
出典:http://wear.jp/

 

白パンツ×スウェット

20160621164616906_276
出典:http://wear.jp/

 

スカート×スウェット

20160622164541922_276
出典:http://wear.jp/

スウェットのコーデPOIINT!

■スウェットカラーは何色を選ぶ?

スウェットパンツにしても、スカートにしても、合わせやすいのは断然グレーです!
女性らしい柔らかい印象と、リラックス感を演出するグレーは年代問わずに合わせやすいカラーですよね。
グレーのスウェットパンツに白いVネックのTシャツを合わせると、女性らしさがグッとあがります。

スポンサーリンク

でもグレーはカジュアルすぎるし、ライトグレーは膨張色じゃない?という方はブラックを購入すると、コーデがしまって見えますよ。
タイトな形のブラックスカートに同じブラックのトップスで、ワントーンコーデもクールな女性の印象になります。

また、人とかぶりたくない!という個性的な方にはカーキやデニム風のスウェットもオススメです。

 

■スウェットは合わせる小物が重要

カジュアルに見えて、だらしない。
だからスウェットは部屋着にしか無理!とう方は、合わせる小物を考えましょう。

スウェットパンツにクロックスでは部屋着にしか見えませんよね。

そう、靴をヒールに変えただけでスウェット素材も一気にキレイめアイテムに変わります。

ヒールなんて無理という方にオススメなのは、アンクレットなどを付けて足首を見せてください。
ペタンコの靴もキラリとアクセが見えるだけで印象は変わります。

また、中折れハットなどを着用したり、クラッチバックを合わせたりしたら海外モデルのような、こなれたコーデを演出できるのでオススメです。

 

■プチプラはだめ?プチプラでもスタイルアップに見える技

スウェットアイテムは高価なブランドでもリラックスパンツというジャンルで売っています。
確かに高いものはラインが美しくカッティングがされていたり、ブランドのロゴが入ってるだけでコーデが決まって見える場合がありますね。

でも、スウェットにお金かけたくない!という方は、プチプラのブランドで大丈夫です。

ちょっとしたコーデのポイントで、プチプラのスウェットもオシャレに見えます。

そう、ポイントは肌見せを計算しましょう。

スカートの場合はタイトな形を選んで、なるべくボディラインを出しましょう。
膝丈を選べば大人の女子スタイルがしやすいです。

パンツの場合は丈をロールアップしてみましょう。
足首が見えるだけでスタイルアップして見えますよ。

あえて、ゆるめのスウェットにピッタリとしたトップスや、前を大きく開けたシャツを合わせると、セクシーさも演出できます。
下半身をカバーしたい人は、思い切って首元を見せようという作戦が効果的です。

スウェットアイテムは工夫次第では、色んなコーデができる万能アイテムです。
年代も問わず、長く使えるアイテムでもあります。

もちろん、外に着ていくのが恥ずかしくなったり、汚れてしまえば部屋着してしまえば良いのです。。

こんな優秀なアイテムでコーデの幅を広げましょう。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です