職場でよく目が合う理由7つ、脈あり?それとも脈なし?

職場で気になるあの人と、今日も目が合った…よく目が会うけどもしかして…脈あり?それともたまたまで脈なし?でもでも…やっぱりよく合う気がする!そんな恋するあなたのために、職場でよく目が合う理由と、その視線が脈ありなのか脈なしなのかを判断します。ぜひ参考にしてくださいね。

脈なし視線編

スポンサーリンク

1.別の女性のことを見ている

また私のことを見てる…胸がドキドキして「キャーッ!」と思ったら、ちょっと冷静になって、あなたの後ろ側を見てみてください。もしかして、社内のアイドル的存在の女性がいませんか?悲しきかな彼はその女性を見つめているのかもしれません。そんな絶望的なことを言わないでと思うかもしれませんが、他の女性を見ていたということはよくある話ですよ。

 

2.何か考え事をしている

仕事のアイデアなどであれこれ考え事をしている時どこかを見つめていることはよくあります。その「どこか」がたまたまあなただった、ということがあります。当然この場合、あなたを見ているけど見ていません。見えていないのです。悲しきかな彼の頭の中であなたは風景の一部として処理されているのです。

 

3.なんか変なところがある

見ているのはあなただけれど、見ている理由が「なんか変だな」と思うことがあるからかもしれません。なんて悲しい…。髪型がヘン、化粧が崩れている、洋服の組み合わせが変わってる、不思議な行動をしているなど、何かしら「変だな」と思っているから、ついついジッと見つめているのかもしれません。見つめられるのは嬉しいけど、そんな理由じゃね…。

 

4.ボーッとしている

仕事の合間についついボーッとしてしまうことってありますよね。彼もそうかもしれません。特に午後2時や3時、残業の遅い時間なんかはその可能性が高いです。ちょうど疲れが溜まっている頃ですからね。もちろんただボーッとしているわけですから、彼にあなたの姿は見えていません。なんだか悲しいですよね…。でもボーッとしてる時間が頻繁にあるのも何だか考えものですよね。

スポンサーリンク

さて、まず脈なし視線編をお送りしましたが、あなたの気になる彼はどんな感じですか?脈なし視線の特徴は、目があってもジーッと見続けているということです。もし脈ありだったらすぐ目をそらすはずです。だって恥ずかしいですからね。女性だってそうでしょう?男性も同じです。目のそらし方も、好意を持っていたら下に視線を落とします。反対に脈なしや嫌われている時は横に目をそらします。目が合ったと思ったら、彼の様子をちょっと観察してみましょう。

 

脈あり視線編

1.目が合ったら慌ててそらす

好きな人をジッと見つめている時に、突然相手と目が合ったら思わずそらしちゃいますよね。男性だって同じですよ。「あっやべっ!」と思って慌てて目をそらしてしまうんですよね。

上でもチラッと書きましたけど、好意を持っている場合、下に視線をそらすことが多いです。つまり、うつむくということですね。この場合「やべー見てたの気づかれたかな…」と内心ドキドキでしょう。一方目を横にそらされた場合は…残念ながら嫌われている確率が高いです。「やべーなんか知らんけどよく目が合うなぁ。勘違いされたら困るんだけど…」なんて思われているかもしれません。

 

2.目が合ったあと微笑む

この場合、ある程度打ち解けた間柄であることが多いです。嫌いな相手と目が合って優しく微笑むことはまずあり得ませんから、ある程度好意を持たれていることは間違いないでしょう。ただ、好意の程度がどれくらいかは分かりません。

もっと仲良くなりたい、話してみたいと思っているかもしれません。または「ちょっと良いな」と思う程度かもしれません。なぜなら微笑むということは余裕があるからです。余裕がないほどあなたのことを好きなら、なかなか微笑むことはできませんからね。果たしてその微笑みの意味は何なのか、普段の2人の関係から考えてみましょう。

 

3.そらした後チラ見してくる

目がバッチリ合って、1度目をそらした後、何度もこちらをチラ見してきたら脈ありの可能性があります。男性は好きな女性のことは見つめたい生物です。だからバレないようにチラチラ盗み見するんです。こちらも彼のことを盗み見しながら様子を見てみましょう。

まとめ

脈ありなのか脈なしなのか、悩むところですけど恋愛の楽しさでもありますよね!お互いラブラブ視線を送るのは良いですけど、ちゃんと仕事もしてくださいよ(笑)

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です