『手相でわかる恋愛のアレコレ』4つの手相パターンから分析!

スポンサーリンク

3、一度は最愛の人と別れて元サヤに戻る手相

感情線の先端に島があるのは、ちょっとした行き違いやケンカなどで、最愛の人と一度は別れてしまうことを意味します。原因は、すれ違いや誤解などが多いのですが、よく話し合えば元サヤに収まることも多いので、諦めずに話し合いの場を持つようにしてみましょう。また、どちらかの親から結婚を反対されたり、遠距離恋愛になったりなど物理的に離れる場合にも、この手相は現れることが多いです。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/14150407/

スポンサーリンク

編集長
こういうパターンの別れは勿体無いよね。大抵大人になったり、時間を空けてから話し合いとかすればまたよりを戻せるパターンが多そう。

 

4、障害を乗り越えた末にお互いが結ばれる手相

結婚線の起点が2つあり、途中で合流して横向きのY字型になっている結婚線は、最終的には好きな相手と結ばれることを示しています。この手相の人は、相思相愛でも横恋慕されたり、第三者から邪魔をされて一時は絶望的な状況に追い込まれたりする可能性が。しかし、さまざまな障害を乗り越えて、最後にはハッピーエンドになれるでしょう。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/14150407/

編集長
おっいいですね。一番長続きしそうな手相って事だね。意外と手相って当たるらしいから不思議だよね。

 

いかがでしたか?

自分の手相とは当てはまりましたか?

スポンサーリンク

手相もいろんな種類がありますからね〜。

ちなみに僕はどの手相も当てはまらなかった・・・



読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です