友達からお金を借りる前に読んでおきたい注意点

お金がない・・

どうしても来週までにお金が必要なんだ・・

スポンサーリンク

理由は様々だと思いますが、急遽お金が必要になる事って人生で1度くらいは経験した事あるんじゃないでしょうか?

定期貯金や元々お金に余裕がある方は大丈夫だと思いますが、多くの方がいきなりの予想外の出費には困るんじゃないでしょうか?

そんな時に脳裏をよぎるのが「お金を借りる」ですね。

なるべくなら人からお金を借りる事は避けたい所ですが、

どうしてもお金が必要になり友達からお金を借りる事もあると思います。

そこで今回は友達からお金を借りる前に1度読んでおきたい注意点をまとめてみました。

 

友達からお金を借りる前に

 

■友達だからと言って軽い気持ちで借りない

友達だからと言って軽い気持ちでお金を借りてしまうと、今まで仲良くしてきた間柄を壊しかねません。

返済期間や返す方法はどうやってなど、しっかり返すプランなども話しておくべきですね。

友達がたとえ快くお金を貸してくれたと言っても、あなたの行動や言動でだんだん友達も不安になり険悪なムードになってしまう可能性があります。

なので事前に話し合っておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

■本当に友達から借りるべきなのか?

「お金の切れ目は縁の切れ目」ということわざがあるように、お金に関するトラブルは友達を失ってしまう事になるかもしれません。

絶対返す!とあなたが思っていても予想外な出来事が重なりお金を返す事ができない場合もあるかもしれません。

友達に理由を説明したとしても、当然気持ちよくありませんよね?

たとえ小額だとしても、友達からお金を借りる前に他から借りる事はできないか?親から借りた方がいいんじゃないか?

など検討する必要がありますね。

 

■お金を貸す側の気持ちも理解しておこう

これもとても大切な事ですね。

何回も人からお金を借りてる人は借りる事が当たり前になってるかもしれませんが、貸す方は貸したくて貸してるわけじゃない!という事ですね。

あなたと親しいから、友達だから、仕方なくお金を貸してくれてるだけであって、本来は友達と貸し借りなんかしたくないはずです。

それを踏まえた上で借りる事が大切です。

■お金を返すとき

先ほども言いましたが、本来お金の貸し借りは友達はしたくないはずです。

それを踏まえてお金を借りたのですから、返す時は精一杯の恩返しをしましょう。

余裕を持って返す事ができる場合は、少し借りたお金より増やして返金してもいいと思います。

そんな余裕がない場合でもご飯を奢るなど、気持ちでしっかり恩返しする必要はありますよね。

当たり前の事ですが、意外とこれらの事ができない人が多いようですよ。

もしこれからお金を返す人はこれらの事も注意して見てくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

9 件のコメント

  • くまこ より:

    すごいよくわかります!私も友人からお金を貸してほしいと軽く言われて驚いた事がありました。
    貸す方の気持ちも良く考えてから言ってほしい!本当に借りる必要があるのか、借りる時の態度もすごく重要ですよね。
    お互い嫌な気持ちにならないようにしたいですね。

  • 智和 より:

    社会人同士の貸し借りだと割と信用できるけど、高額な貸し借りになりがちなのが怖いね。
    貸したくないときは代わりに〇〇買いたいから保証人になってって言えば大抵OKになるよ。

  • ゆきひろ より:

    確かに友人からお金を借りる時って小額でも申し訳ない気分になります。
    そういうのは友達とはやらない方がいいとは分かってます。
    その上で私の場合なんですが、友人とは大きな額の貸し借りは無しと話して
    その上で手持ちで足りない分の貸し借りは行ってます。
    本当に足りない分だけなので額的には小額ですが
    返すのは余裕が有るときでいいって感じです。

  • かや より:

    「友達にこそ、お金を貸してはいけない」
    私は母からそういわれて育ちました。
    もし友達が本当に困っていて、自分がお金を持っているなら
    『貸すのではなく、あげなさい』
    返してもらおうと思わないことだと。
    そして、自分は絶対に友達からお金を借りてはいけないと。
    あげるのだから、自分が無理をして用立てることもしません。
    今のところ、返ってこなかったお金はありませんが、もし返してもらえなかったとしても、私はおそらく平気でいられるだろうと思います。
    相手はどうかわかりませんけど。

  • ひーさま より:

    私も貸す側、借りる側両方経験があります。ちゃんと返してくれる人ならいいですがお金を貸して連絡が取れなくなったことがあります。最初のうちはちゃんと返してくれたのですが、頼みやすくなったのか2度3度頼まれるようになり最終的には連絡取れなくなりました。そういうリスクがあるのを分かっていてやったことなので自己責任ですが悔しい気持ちになりました。お金の切れ目は縁の切れ目という言葉があるようにお金の貸し借りで人間関係崩れたりもするので気をつけたほうが良いですね。

  • M・ママ より:

    ありました・・・・。貸して縁を切ったこと。もちろん悪い子じゃなかったし・・・。でも、当たり前のようにお金借りに来て、カフェの代金も私が当たり前のように払わされ・・・言葉では感謝している、この上ない大切な友達 などのフレーズは出てきてました。でも、1円も返す とか 返そうとしないうちに 次 〇〇円 貸して欲しい 今こういう状況で大変・・・って。おいおい!前回のお金 〇月〇日までに絶対返すっていてたじゃん!!
    そこには触れずまた?? 切がないんだこの人って思い以降スルーしてます。自分はしないつもりでも いつ何時どうなるか!!気をつけよう。

  • まさやん より:

    お金の切れ目は縁の切れ目

    いい言葉ですねえ。

    私も、ある人に1万円を貸して、逃げられたことあります。

    高い授業料を払ってしまったと言わざるを得ないですね。

    まあ、こういうのも、人生ですな。

    友達は大切にしてください。

  • やまじゅん より:

    お金の切れ目は縁の切れ目といった言葉はよく聞きますよね。
    確かに私もそう思いますけど、そもそも縁があり仲のいい友達には、お金を借りないということが大事なのかもしれませんね。

    お金は本当に人の人生を左右されるものなので、自分だけじゃなくて周りの人の人生にも影響を与えてしまわないように行動しようと思いました。

  • しまうま より:

    借りる時に具体的に返す日にちとか言ってもらいたいですよね。絶対すぐに返すから、とか言う人に限ってすぐじゃないのが腹が立ちます。すぐに返せそうに無いなら、初めからそう言ってくれるのが誠意だと思います。
    そして返金を求めたら、こっちが悪いことをしているかのような目で見るのはやめて欲しいわ。
    友情がなくなっちゃうので、本当に友人に借りる前に家族からとか借りられないのかしっかり考えて欲しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です