【衝撃な鳥取】ピンクカレー、ピンク醤油の次は列車まで(若桜鉄道)・・

ピンクの駅

鳥取県が何かとピンク付いていると最近話題になっていたので、ここでも取り上げてみました。。

 

それにしても、、

スポンサーリンク

 

何故ピンクなんだ!!!!!!???

と最初に思ったのが素直な感想です。。

 

どうやら、智頭町の恋山形駅を2013年の6月にピンク色に塗り替えた事がきっかけだったようですね。

ピンクの駅
出典:colocal.jp

大きな声では言えませんが、
一日の利用客は・・・2客、だそうです。

ピンク駅
出典:colocal.jp

駅名の看板も、手すりからゴミ箱に至るまで、恋愛力がアップしそうな
ピンクに塗られる徹底ぶり。
駅にはハート型のモニュメントと絵馬掛けを設置し、
智頭急行のキャラクター「宮本えりお」ちゃんも登場してお客さんを見守ります。

 

そして次はピンクカレー。。

スポンサーリンク
ピンクカレー

そして、、ピンク醤油

ピンク醤油

そして、鳥取県ピンク最新作。

若桜鉄道
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

若桜鉄道!

【YAHOO引用】
塗装されるのは、1938年製のC12型167号機で、5月1~8日の期間限定で若桜駅構内を走る。

鳥取県では、第三セクターの智頭急行が2013年6月に恋山形駅(智頭町)をピンク色に塗り替えたことをきっかけに、ピンク色のカレーやしょうゆが売られるようになり、県を代表する観光地に発展。
「恋の色」でもあるピンク色が、町おこしに一役買ってきたという。

なかなかの衝撃。
まあせっかくなので、もっとピンク商品増やしてほしいですね。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

2 件のコメント

  • はな より:

    面白いですね。ピンク好きにはたまらない面白速報でした!liveなどで鳥取県に行った際に今度寄ってみようかと思いました。

  • YU より:

    ピンクといえば林家ペーパー夫妻
    ピンクカレーどんな味がするんだろー、甘かったらやだなー
    ピンクしょう油は、無理、使いたくない
    ピンクホームはブロック塀の所に立ってます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です