わんちゃんを飼う前に少しでも知ってほしい、その家庭に合った犬種の特徴

元ペットショップ店員です。子犬と子猫の販売員とトリマーをしておりました。
犬を飼う理由として、お子さんが欲しがったから、ただ可愛かったから、値下げをしていたから、
ペットショップを見ていたらたまたま目が合ったから、など色々な理由があると思いますが
犬種によって様々な性格、特徴があります。その家庭に合った犬種が必ずあると思います。
全ての犬種は紹介できませんが、少し紹介させていただこうと思います。

75b28e82
スポンサーリンク

犬を飼いたいと思っている人が飼わない理由として、”毛が抜けるから”とよく言います。
毛がほとんど抜けない犬種もいるんです。
主にトイ・ミニチュア・スタンダードプードル、ミニチュア・シュナウザー、マルチーズ、シーズー、ヨークシャーテリアなどがいます。
ただし、抜けにくいかわりに伸び続けますので毛玉になりやすい犬種です。
1か月~2か月に1回のトリミングが必要になります。

 

毛が抜けませんので耳の中にも毛が生えますので耳毛も抜かなくてはなりません。
トリマーの技術がないと難しいので必ずトリミングサロンに連れていく必要があります。
トリミングサロン代は多少かかるかもしれませんが、家での掃除は抜ける犬種に比べると格段に楽です。
また犬の毛にアレルギー反応する人も、抜けない犬種なら大丈夫という人もいます。

次にしつけがしやすい犬種についてです。
初心者向きと言われているのがトイプードルです。
プードルはとても頭のいい犬種なので正しいしつけの方法をすればそこまで苦労しなくてもお利口に育ちます。
チワワは気が強い犬種になるので、噛み癖を直してあげないといけません。
テリア種も気が強く、ほかの犬に喧嘩を売ったりしますのでしつけが必要です。

スポンサーリンク

お子様がいる家庭では
しつけのしやすいトイプードルは遊びも大好きですので一緒に遊べると思います。
他には性格が温厚なシーズー、マルチーズは穏やかに過ごせますので癒しをもたらしてくれます。
その他は大型犬ですと優しく温厚な性格の犬種が多いです。
ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、バーニーズ・マウンテン・ドッグなど
子供が大好きなので一緒に遊べて良い相棒になれると思います。
チワワなど気が強い犬種は注意が必要です。
みんな気が強いわけではないですが、きちんとしつけなければ噛まれてけがをする恐れがあります。
ダックスフンドはお子様にはとても人気のある犬種で遊ぶのも大好きなので良い遊び相手になりますが
手足が短い犬種なので抱っこの時に気を付けてあげないとヘルニアになってしまう可能性があります。

よく吠える犬種と言われているのが
ポメラニアン、ダックスフンド、チワワです。
飼ってる方から話を聞くと、大体の方が吠えてうるさいとおっしゃいます。
とは言っても、吠えない犬はいませんので個々の性格による場合もありますが
無駄吠えのしつけをすれば問題なく飼えます。

トリミング・シャンプーについてですが
どの犬種も1か月~2か月に1回洗ってあげるのが好ましいです。
毛が抜けない犬種は必ずカットをして整えてあげる必要があります。
抜ける犬種でも爪切り、耳掃除、肛門腺しぼりが必要になります。
また、脚周りの毛も伸びますし、脚の裏の肉球の周りをきれいにしてあげないと
フローリングで滑って脚や股関節を痛めてしまう原因にもなります。
結果、どの犬種でもトリミングサロンに連れて行ってあげるのが好ましいです。
日本犬(人気犬種でいうと柴犬、秋田犬など)は水を嫌う子が多いので
自宅でシャンプーすると思った以上に苦労すると思います。

犬を飼うということは家族が増え、楽しいことがたくさんあります。
その反面、トリミングサロンだったり病院だったりお金がかかることもたくさんあります。
病気になって手術、なんてことになれば何十万かかることもあります。
しかしそれ以上に癒しをもたらしてくれます。

色んなご家庭が、犬とともに幸せに過ごせますように。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です