「えっ既読スルー…」AB型男性からLINEの返信がこない時はどうすれば?

AB型


その3、どんなに言ってもマメな連絡の意味が理解できないので、あきらめよう

女子にとっては非常に腹立たしいことですが、そもそもAB型男性にマメな連絡の意味や重要さを理解させることはできません。連絡の価値は緊急に伝えねばならないことが発生したときにだけある、と信じているような男性です。ちょっとした連絡を欠かさずすることがコミュニケーションになるんだよ、と言って聞かせても、わかるわけがありません。

 

ここはもう、割り切ってあきらめてしまうほうがいいでしょう。
ついでに言えば、AB型男性にとっては「つきあっている=LINEなどにちゃんと返信しなくてはならない」という図式も思い浮かびません。ここには愛情の欠如とか、もうダメだから別れたほうがいいなどの深刻な理由はないんです。ただ面倒だから返信しない、急ぎの内容ではないから返事しない、今やっていることを途中で止めてまでLINEの返信をする必要性を感じない、だから返事をしないんです。

 

AB型男性の生活パターンは、たいてい彼自身の中できちんとルール化されています。そしていったんできたルールはまず変更されません。ここで無理強いしてLINEの返信をもらうより「LINEやメールが好きじゃない人なんだわ」と思ってあきらめるほうが、女子としても心身ともに楽でしょう。

 

むしろ、返信がすぐこなくても落ち込む必要はない、相手の気持ちに変化はないんだと思うほうが、すっきりと過ごせます。事実、AB型男性の気持ちとLINEの返信には関連性がないんです。

その4、メールの返信をくれない!と責めても、無駄すぎる

もちろん、一般的な女子の考え方からすれば、AB型男性のマイルール(忙しいときはすぐに返信しなくてもいい・べつに返信しなくてもいい)は言語道断。恋人どうしの円滑なコミュニケーションがとれない!と腹が立つでしょう。怒りと不安を同時に感じるのが普通です。
しかし、それをそのまま不満としてAB型男性にぶつけたらどうなるのか。

スポンサーリンク

 

そもそも考え方の根本が違うので(言わせてもらえば、AB型男性の考え方は、たいていの女子とは真っ向からぶつかるものが多い)、女子がどれほど怒っても、AB型男性には理解できません。理解できないし、理解しようとも思わないのです。だから怒りをぶつけるだけになり、深追いしすぎるとかえって事態の悪化を招くかもしれません。

スポンサーリンク

 

女子が怒りにまかせて「もういいよ!こっちから連絡しないから」というメールを送っても、相手は「そうか、もうメールは必要ないんだな」と思うだけ。

AB型男性にとっては痛くもかゆくもないのです。それどころか「緊急性の高くないメールは不要なものだってことが、やっとわかったか」と、カノジョに向かって言い放つようなタイプです。

 

■まとめ

AB型男性とうまく付き合っていくコツは、彼のペースに合わせていくことです。メールの返事がなくてもLINEがいつも既読スルーになっていても気にしないこと。既読スルーになっていたら「ああ、今日はLINEを見る時間はあるんだな」と思うくらい、達観する姿勢でいましょう。

 

こちらの記事も読まれています



>>20代の女の価値は”1億円”以上!絶対に20代という時間を安売りしてはいけない




AB型

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です