【映画】blank13を見た感想・レビュー(ネタバレなし)|あらすじも紹介!斉藤工さんの長編初監督作品ですね


では今回もSULALIの読者から頂いた最近見た映画の感想・レビューを紹介していこうと思います。




まずは映画のあらすじを紹介。

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せない思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の誰も知らなかった父親の真実とともに埋まっていく…。

引用元:https://filmarks.com/movies/70701

予告もご一緒にどうぞ。

 

blank13を見た感想・レビュー

スポンサーリンク

この映画を見た方:さだおか/36才/男

評価5段階中:4

映画、テレビでお馴染みの、斉藤工さんの長編初監督作品に、馴染みの方や、贔屓の方が出られていると云う事で、出掛けてまいりました。監督のお知り合いの放送作家の「境遇」を映像化したのですが、70分と、タイトで締った作りになっています。

高橋一生さん扮する松田コージには、リリーフランキーさん扮する父親が居るのだが、13年前、借金の取り立てから逃れるために、自分と、兄の斉藤工さんと、妻の神野三鈴さんを置いて失踪していた。そこに、兄から、父が末期がんで、病院に父が入院されている事を聴かされる。自分達を放棄していった父親を、兄や母同様許せる訳はないのだが、少なからず、幼少期に、父との思い出をまだ、抱いているコージは、13年振りに対面するも、ワダカマリをぶつけられもせず、いたわる事も出来なかった。

スポンサーリンク

気持ちの整理がつかないコージだったが、松岡茉優さん扮する恋人のサオリの希望もあって、再び、病院に迎えに行くも、再会から3ヶ月で、この世を去る。ギャンブルに明け暮れていた、父親らしく、弔意客も、まばらな告別式を、兄にコージとサオリは、喪主として、向かえるのだったが、そこで、思いもつかぬ、父の「別の顔」を、弔意客の口から聴かされるのだった。

斉藤工さんと云えば、今や「売れっ子俳優」の一人ですが、熱狂的な映画ファンとして知られておりますが、題材に寄り添った演出に徹して、ことさらに、見ているこちらの感情を揺さぶって、無理に「良い話し」に仕立てる事に、走ったりはしていませんでした。

冒頭「火葬」について、字幕説明と、火葬場で、その手順を捉えた画像が挿入されて、まず、「死」の事象としての側面が、強調されます。父親の閑散とした告別式と、その奥のお寺で、大々的に執り行われる、同じ名字の別の家の葬儀の対比に、失踪直後の成長期の男の子二人を抱えた母親が、「馬車馬」の様に働く様子の挿入が在って、それが、重くのしかかっているものだから、告別式で、兄弟が、いくら知らない、父親の別の顔を語られたところで、「安易」に、許せるものではありません。整理のつかない想いが、ずっと尾を引く。

松岡茉優さんが、自身の主演作とは、180度違う人格者で、よく出来た恋人として、コージを支えているけれど、感動人情話として、仕立てるなら、死ぬ間際に、見舞いに行った際の父親とのやり取りをもっと膨らませられただろうし、個性的な弔問客の語る逸話に、もっと、伏線を忍び込ませて、感情に訴えかけられただろうに。

今度は、カラッとしたトーンの斉藤工監督作品が、見てみたいものです。

あと、余談ですが、お坊さんに、故人の逸話の発表を求められて、仕切り役を、佐藤二郎が、務める葬儀への出席は、カンベン願いたい。





読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です