【映画】グレーテスト・ショーマンを見た感想・レビュー(ネタバレなし)|あらすじも紹介!


今回もSULALI読者から頂いた最近見た映画の感想・レビューを紹介していきたいと思います。

ではさっそくどうぞ。

まずは映画のあらすじ。




グレーテスト・ショーマンのあらすじ

グレイテスト・ショーマンの紹介:2017年アメリカ映画。19世紀半ばのアメリカ。貧しい仕立て屋の息子として生まれたバーナム少年は裕福な家の娘チャリティと恋に落ちる。やがて結ばれ2人の娘とともに貧しいながらも幸せに満たされた生活を送っていた。バーナムは勤めていた会社が倒産すると、長年の夢だった”バーナムの博物館”を開館。ところが人気が出ず、バーナムは娘の言葉をヒントにユニークな人を募りサーカスを結成した。家族からも存在を隠されていたほどの様々な容姿を持つパフォーマーをまとめ、ショーを華やかに展開するバーナム。やがて社交界からも一目置かれる存在となるが、一方で成功に取り憑かれていき人生を踏み外していく。グレイテスト・ショーマンは、ショービジネスの原点を築いた伝説のプロモーター、P・T・バーナムの実話にインスピレーションを受けた物語。9曲のミュージカルナンバーが彼のサクセスストーリーを彩る。

引用元:http://eiga-watch.com/the-greatest-showman/

 

グレーテスト・ショーマンを見た感想・レビュー

スポンサーリンク

この映画を見た方:さだおか/36才/男

5段階中評価:3

感想・レビューその1

手描きの20世紀フォックスのサーチライト・トレードマークが、一瞬写って、プロダクションのロゴマークの後に、逆光に浮かぶシルエットと、それに重なる、囁くようなボーカル。
「座長」ヒュー・ジャックマンを、華々しく魅せて、掴みのナンバーが始まる。

滑り出しは、上々。上映時間も、2時間を切っていて、流れるような展開を、想像していましたけど。まさか、本当に、「立て板に、水」の様に流れてしまうとは。また、多くの「問題」をショートカットしている割には、「流れ」は、うねって、うねって、華々しく洗練されている見た目の軽やかさが無くて、長尺の作品を見ている様な、もどかしさが残りました。

スポンサーリンク

ヒューさんはじめ、個々の演者のパフォーマーとしての技量は確かに高く、楽曲も、今の若い世代が耳にして、親しみが持てるようなキャッチーなアレンジだし、衣装、美術も最高の技量が発揮されているのは、明らかで、入場料の価値は、あるとは思います。

 

感想・レビューその2

ビュー・ジャックマン扮する、実在の興行師P・T・バーナムの半生が、作品のモデルになっている訳だが、「史上最大のショー」と目された見世物は、サーカスの原型ともされたのだけど、小人症や、他に障害のある人達や、異国の民で、空中ブランコとか特技があって、世の中から、「はみ出した存在」を集めて見世物を起こして民衆に、エンタテインメント、「娯楽」を提供した方なのです。冒頭の、華麗なミュージカルシーンとして「処理」されているけど、この映画での、見せ場として、あのような表現になっているが、実際には、はみ出し者の各人と、バーナムとの間に、なんらかの、摩擦や、融和、妥協があっただろうに、それを、劇中スルーしてしまっているので、はみ出し者の一人に扮するキアラ・セトルさんが、素晴らしい歌声を披露する、この作品の見せ場の「this is me」が、自分には、演者の技量ほど、響かなかったです。

 

感想・レビューその3

所感をまとめるのに思い出したのが、非ミュージカル作品ですが、監督主演の絶頂期に放たれた「エド・ウッド」です。ジョニデ扮する、Z級作品監督のエド・ウッド自身、女装癖を持つ癖のある男の上に、映画の才能はないものの、彼の元に集まる、これまた、はみ出し者の役者たちが、映画作りを通して、疑似家族の様に、切っても切れない間柄となって行く様を描いた作品がありました。ところが、本作のバーナムと、彼等に、溝が生じても、彼が、はみ出し者たちを「家族」として、繋げてくれたという件が、華麗なミュージカル場面で、丸め込まれてしまっています。

家族を思って、歯を喰いしばって、苦境を乗り越えたバーナムの姿を見て、励ましてもらうつもりで、望んだのですが、あんな、カッコよく行かないし、欧州の歌姫に扮した、レベッカ・ファーガソンの件は、ちよっと、勿体無いんじゃないかと、ゲスなケチまでつけて、バーナムの人物像に、全く思い入れが出来なかったのが、痛かったかな。

久々に、歌を聴かせてくれる、ザック・エフロンの役が、この映画に果たす役割も、見えなくて、「ヘアスプレー」の頃の輝きが、すっかり鈍ってしまったのも、個人的には、惜しかったです。





読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です