「ヒカキン」の超ストイックなサラリーマン時代が凄すぎる・・


編集長
どうも、編集長です。

ツイッターを見ていたらこんな記事が流れてきました。

→200円の定食を4年間食べつづけた。ヒカキンが語るストイックなサラリーマン時代(前編)

とてもいい話だったのでSULALIでもご紹介させて頂きます。

ヒカキンの超ストイックなサラリーマン時代

 

以下R25から引用させて頂きました。

スポンサーリンク

高校3年生まで新潟県妙高市で育った僕は、卒業後、上京して都内の小さいスーパーに就職しました。食品部門に配属され、早朝から品出しや倉庫整理をするのが日課。田舎しか知らない僕にとって、慣れない満員電車で通勤し、力仕事をするのは大変でした。店がオープンする9時にはもうクタクタ、ということもありました。

引用元:https://r25.jp/article/540712667912251328

 

社会人になったころは、本当にお金がなくて。銀行の預金口座も持たず、貯金ゼロ。実家でもらった2万円を握りしめて寮に入って、会社から給料が振り込まれるのを待ちました。2週間くらいで研修が終わって、手当をもらえたのですが、それまでお金を減らすのが怖かった。値引きシールのついた食パンを買って、実家から持ってきたココアの粉をかけて食べて、なんとかつないでいました(笑)。

引用元:https://r25.jp/article/540712667912251328

 

最低限の機材をそろえた翌年は、ひたすら貯めました。朝ごはんは、コンビニの肉まん1個。昼と夜は、社食で一番安い200円の定食と決めていました。冷たいご飯とぬっるい味噌汁におかずの定食を、4年間食べ続けた

スポンサーリンク

引用元:https://r25.jp/article/540712667912251328

 

編集長
いやーすごいですよね。

動画の為に4年間200円の定食を食べ続け節約し、会社の時間以外は全てyoutubeに時間を費やしていたそうです。

 

休みの日は業務用のそばを買って、1食分ずつ茹でて食べるのが習慣でした。遊びもコンパも基本、行きません。だって1回飲んで3000円とか、ありえない。会社の付き合いで行かなきゃいけないときは、お金が減るのがつらかった。他にも一切お金を使わず、時々、1万円しない程度の洋服を買うのが唯一の楽しみでした。

そういう生活を続けて、会社員2年目で、100万円貯金できました

引用元:https://r25.jp/article/540712667912251328

 

編集長
手取り13万円で100万円貯金したのも驚きですよね・・・ストイックすぎる・・・

 

――ビートボックスにこだわり過ぎず、スタイルを変えられたのは、最初にコンテストで落選した悔しさがあったから?

そうですね。僕はビートボックスが大好きで誰よりも練習したし、自信もあった。でも、それだけじゃ仕事にするのは難しいと気づいたのは、コンテストで落選したからです。これからのユーチュバーにはブロガー的な要素も必要だとか、動画を作り込むスキルも磨かなきゃとか、いろんなことを学ばせてくれた。落選したことで、ただ好きなことをやるだけじゃダメだとわかり、視野が広がったと思います。

引用元:https://r25.jp/article/540712667912251328

 

編集長
試行錯誤したからこそ、ここまで来れたんですよね。

どの業界もトップを走る人は死ぬほど努力してるって事ですね〜。



ヒカキンさんを見てやる気アップ!!!!して頑張ろうー!



読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です