カバーオールの着こなし術!春だから可愛いコーデ♪【レディース編】

カバーオール

やっぱりね、春だからこそかわいいコーデ、かわいいアイテムっていうものがある。他のシーズンに着ると、イマイチかっこがつかないモノよね。カバーオールは春こそかわいいと思うんだけど、あんまりみんな、うまく着こなしていないね。肩の力を抜いて着られる良いアイテムなんだけどなあ。

 

カバーオールの着こなし方3つ

カバーオール
出典:http://zozo.jp/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

【着こなし術その1】
格子シャツにリネンのストール×カバーオール》
デニムのカバーオールは、スリム体型の人にだけオススメしています(笑)。さっそく、こんなことを言い出してすみません(笑)。
でも、ぽっちゃりさんのカバーオールはどうしても不二屋のペコちゃんになっちゃうから。子どもっぽく見えるんです。だから、おチビさんでもスリムな人にはカバーオールを着てほしい。
インナーにはチェックシャツ。ここはギンガムチェックでなく、もっと大きな格子状のチェックシャツがぴったりくるよ。
これに、襟もとにリネンのビッグストールをぐるぐる巻く。カバーオールの裾はロールアップで、足元にはサイドゴアブーツをあわせよう。
ひとつずつのアイテムを聞くと、全部合うわけ?と思うけど、ちゃんと合います。大丈夫よ。
着こなし術その2】
シンプルに白のクルーネックTシャツ×カバーオール》
夏になったら、シンプルなクルーネックのTシャツをデニムカバーオールのインナーに着よう。はい、これでおしまい。いやほんと、これだけでけっこうかわいいのよ。
あえて言うなら、Tシャツはゆるいシルエットより、フィットするデザインがキレイに見える。なによりもピタTシャツなら、カバーオールのウェストあたりにゆとりができるの。これがすっごい女子を華奢に見せるわけです。コーデでボディラインを細く見せる。本当に痩せなくても細く見えればそれでいい。鉄則です(笑)。
カバーオールそのものも、スリムなデザインがいいし、それに素足+サンダルで見せればよりスッキリします。
バッグはね、大きなリネンのバッグを無造作に持ってほしい。あっ、カバーオールを着ている時は、ぜったいに斜めがけバッグ、肩かけバッグはダメだよ。一気にリンゴ売りの少年みたいになるからね。
着こなし術その3】
ショーパンタイプはマリンテイストでカバーオール》
カバーオールにもショーパンがありまして。これが夏に着たらかわいいのよ。インナーにはボーダーのTシャツを着て、そのまま生脚。シューズはカバーオールと同じ色のスリッポンやエスパドリーユ(底が麻でアッパーはキャンバス地でできたサンダルやデッキシューズ。夏によく見る)をはくと、オシャレ上級者だよ~。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です