仮面夫婦の特徴4つ


本当は夫婦仲がよくないのに、いいふりをしている。仮面夫婦というやつですね。お互いにいろいろ考えていることはあるけれども、本音をいいあわない夫婦のことをさします。

妻と夫の両方が仮面をかぶっていることもありますし、どちらか片方が仮面をかぶって結婚生活を維持している場合もあります。仮面夫婦の特徴って、どんなものでしょう。ひょっとしたら、うちも仮面夫婦!?

仮面夫婦の特徴

 

1、相手の行動にまったく関心がなく、家にいないほうが気楽と思っている

仮面夫婦最大の特徴は、パートナーに対して関心をまったく持っていないことです。一緒にどこかへ行くことなんて絶対にしない。それどころか一緒にいないほうが気楽で楽しく、バラバラに行動している間はパートナーがどこへ行き、何をやっているのかまったく知りません。知りたいとも思わないんですね。

スポンサーリンク

一方で、周りの人には夫婦仲がよくないことやコミュニケーションをとっていないことを知られたくないと思っています。ですから、第三者がいるところではとても仲がよく見え、会話もたくさんしています。

スポンサーリンク

お互いにいい恰好をしたい、見栄っ張りな部分があります。
ただし仮面夫婦は、外から「仲のいい夫婦」と見えればいいと思っているので、本当に仲がいいわけではありません。そのため夫婦2人きりになれば会話なんてまったくありません。

 

2、仮面夫婦の会話は必要事項の確認をするだけ、雑談なんてもってのほか

そんな仮面夫婦ですから、会話は必要最低限のみ。スケジュールやお互いに確認しておくべき内容さえ話せればそれで十分なのです。
ふつう、大人同士が一緒にいればくだらない雑談や今日見たテレビの話、近所の人の噂話や共通の友人のことなど、話す内容はいっぱいあるはず。

しかし仮面夫婦はふたりで話す必要性を感じません。そこで、会話は非常にビジネスライクで必要事項の確認だけということになります。

別にそれでいいじゃないと思う人も多いでしょう。たしかに家族に問題がない場合はこのままでもいいわけです。しかしいったん何かトラブルが起きた場合、仮面夫婦はふたりで一緒に問題解決に向けて動くことができません。

3〜は次のページで





読んだらシェアよろしくお願いします♪

2 件のコメント

  • りん より:

    仮面夫婦って何のための夫婦なのか疑問に思えて悲しいけど・・・。
    しかも、これを一生続けていくわけでしょ?
    私には無理だなぁ。。。。

  • かな より:

    旦那に対して頭に来たとき、「この人は同居人なんだ」と一時的に気持ちを無にすることがありますが、継続してはないですね。
    この状態がずっとで、お互いにと考えると寂しいですね。こうはならないように気を付けたいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です