適切なブラジャーの選び方と胸が大きくなるためにオススメのブラジャー|バストアップ

たかがブラジャーと思っている女性は多いのですが、もしバストアップしたいと思っているのならブラジャーはとても重要なポイントです。自分のバストにあった正しいサイズのブラジャーを選ぶことで、形もボリュームもあるきれいなバストを作ることができます。まずはブラジャーの正しい選び方から考えてみましょう。

適切なブラジャーの選び方

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a
スポンサードリンク

 

■ブラジャーはただの下着じゃない!正しく選んでボディラインをサポート

適切なブラジャーの選び方を知る前に、自分のバストサイズが正確かどうかを確認しましょう。自分の体だからサイズくらいわかっていると思うのがふつうですが、ちゃんとフィッターさんがいる下着売り場で測ってもらうと「えっ、これが正確なサイズなの!?」とびっくりすることがあります。それくらい、自分が思っているバストサイズと実際のサイズにはズレがあるのです。

女性のフィッターさんでも測ってもらうのが恥ずかしい、時間がなくて測定にいけないという人は、自分で測ることもできます。誰かに手伝ってもらうとより正確に測れますから、家族にちょっとだけ助けてもらいましょう。
まず、トップバストは乳首がある位置で測ります。ここは乳房が一番ふくらんでいる場所ですから、正確なカップを知りたければ乳首の高さからぐるっと周囲を測定しましょう。バストがちょっと下がり始めているという人は、しっかりと持ち上げた状態で測るのがコツです。

バストを持ち上げた状態=正しいブラジャーを装着した時のバストの位置になります。これは自分ではできませんからそっと持ち上げて、サイズ測定は家族に頼みましょう。

アンダーバストは乳房のふくらみのすぐ下を測ります。ブラジャーのカップはトップバストとアンダーバストの高低差でわかりますから、アンダーバストも正確に。アンダーをメジャーで測る場合は、ちょっと引き締めた状態で測るとより正確です。

 

■バストアップのためのブラジャーは、試着なしでは不可能!

正しいバストサイズがわかったら、さっそくジャストサイズのブラジャーを買いに行きましょう。ここで「ううん、ネットで買うからいいの」という人はNGですよ。今は何でもネットショップで買える時代ですが、バストアップのためのブラジャーは絶対にお店へ行って買うべきです。
なぜって?ブラジャーのサイズや形はメーカーによって微妙に違い、試着してみないと自分のバストに合うかどうかわからないからです!
ショップで試着するときにチェックするのは次の2点です。

まずバストや背中のお肉をブラジャーの中におさめたとき、カップの下にあるワイヤーが食い込まないかどうかです。乳房の下の曲線をバージスラインと言い、いわばお腹とバストの境目のラインです。ブラジャーをつけたときにバージスラインにワイヤーが食い込むなら、ブラジャーのカップの形がバストの形とあっていません。もしくはカップサイズが間違っているのです。
バージスラインのワイヤーが食い込むとバストをつぶすことになり、バストの形の全体がくずれてしまいます。胸は主に脂肪でできているので柔らかい。柔らかい分だけ、ブラジャーによって形が変えられやすいのです。キレイにバストアップしたければ、必ず試着をしてバージスラインが圧迫されないブラジャーを探しましょう。

次に、ブラジャーをつけた状態で体を上下左右にひねってみます。試着室の中で腕を上に延ばしたり屈伸したりするのもいいですね。大きな動きをしたとき、ブラジャーが体にちゃんとついてきているかどうかを見るのです。大きくズレたり肩ひもが外れたりしたら、カップかアンダーバストのサイズが合っていません。たとえ自分のジャストサイズのブラジャーでも合わないということがあり得ますから、そういうときはフィッターさんに測りなおしてもらいましょう。そのうえで、サイズにぴったりのものを持ってきてもらうのがベストです。

スポンサードリンク

高級下着売り場でないところだと試着を言い出しにくいかもしれませんが、「試着させてください」といえばたいていはできます。逆に「試着はできません」なんていうショップではブラジャーは買っちゃいけませんよ。後で詳しく述べますが、バストアップするようなブラジャーはそれなりにお金がかかります。¥2000〜¥3000クラスのブラジャーよりは¥10,000前後のもののほうがホールド感もいいし、的確にバストを正しい位置に戻してボリュームも上げてくれます。
考えてみましょう、¥10,000の靴を買う時に試着をしないで買いますか?試しに履いてみて、店内を歩いたり、鏡で履いたときの靴を見たりしてから購入するはずですね。ブラジャーもちゃんと試着をしなければだめなんです。

 

■寄せてあげるブラジャーで、本当にバストアップは可能?

さて、バストアップをしたいと思っている人は今のバストを少しでも大きく見せたいでしょう。ですからパット盛り盛りの「寄せてあげてバストを大きく♪」というブラジャーを使っている確率が高いはず。寄せてあげるブラジャーは、一見バストアップできたようですが、ちっぱいさん(小さなバストの女子のこと)にとってはNGブラジャーです!

ブラジャーのパットの役割というのは、バストサイズの左右差をなくすためです。人間の体はどこをとっても左右均等にできていません。目の形が違っていたり、足のサイズが微妙に違ったりしています。バストだって同じなんです。それほど大きなサイズ差がなければパットなしでも大丈夫ですが、気になる場合は小さい側のカップにパットを入れます。ブラジャーは大きい側のバストに合わせて購入していますから、小さいほうのカップには隙間ができています。その隙間を埋めるためにパットを使うんです。

ところが、バストアップしたいために分厚いパットをカップ内に詰め込んでしまうと、ジャストサイズのカップ内に乳房が入るべきスペースがありません。せっかく正確なバストサイズを測り、試着をしてぴたりだと思っても、分厚いパットを入れた瞬間にそれまでの苦労はすべてムダになります。
しかも、パットでぎゅうぎゅう詰めになったブラジャーに無理やりバストを詰め込むと、乳房は圧迫されてしまいます。するとバストの血流やリンパの流れがとどこおってしまい、バスト全体へ必要な酸素や栄養素がとどきにくくなるのです。

先にあげたように、左右差を埋めるためにカップ内の隙間へパッドを入れるのは血流にもリンパの流れにも関係がありません。むしろカップ内でぶらぶらしてしまう小さいバストを支えるという大事な役割があります。しかしバストを盛りたいがためにパットを入れることは、かえってバストアップの邪魔をする結果になるのです。

 

■おすすめのブラジャーはこれ!

では、バストアップしたい人におすすめのブラジャーを3つご紹介しましょう。使用感には個人差がありますが、この3点はちっぱいさんに、かなりプッシュしたいブラジャーです。
まずはブラデリスニューヨークです。補正ブラ育乳ブラのブランドとして有名で、なかでも初心者向けの「シャリーンブラ (B〜Fカップ)」は本気でおすすめです。パッドは入っていますが取ることもでき、パットなしでもホールド感やフィット感がしっかりあります。着けていても疲れないので、ちっぱいさんにオススメです!

次はガブリエルペコの「ペコブラ」。こちらは日本人女性の体形を研究して3Dパターンを起こして各パーツを作っています。バストに寄り添うようで、はみ出たお肉もしっかりキープしてくれるので、バストアップしたい人に最適です。
最後はエクサブラ。体が動くことで大胸筋が刺激され、つけ続けるうちにバストアップできるという画期的な育乳ブラです。こちらはオンラインショップで購入する際、アドバイザーにメールや電話で相談できるのが画期的なシステム。ショップへ行かなくても、かなりジャストフィットのブラジャーが手に入ります。

 

■まとめ 自分が思っているバストサイズは信用してはいけません!

自分が思っているサイズと現実の差、これはバストを測る位置が間違っていることが主な原因です。正しい位置でバストを測らないために、ひどいときは2〜3カップもズレているブラジャーをつけている可能性があります。こんなに違っていては、ブラジャーは正しい位置でバストをキープできず、バストアップもできないんです。
自分に合ったブラジャーで、快適にバストアップを目指しましょうね!

スポンサードリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です