食費を節約する方法5つ

毎月の生活費として必ずかかってくるものはいくつかありますが、そのなかで節約できるものを上げていくと食費と光熱費が上げられるかと思います。

特に食べざかりの子どもがいる家庭だと食費は大きな負担になっていきますが、家計が苦しいからと言って食費を切り詰めていくと、栄養バランスや量の面で心細くなってしまいます。

スポンサーリンク

そこで、今回は食費を節約してさらにおいしく食べられる方法をご紹介します。

食費を節約する方法

free-photo-business-finance-currency

◆無駄にしている食材がないか確認する
たとえば、ニンジンの皮を捨ててしまう人も多いかと思います。

他にも大根の葉っぱや、キャベツの外側の葉っぱなど普段は捨ててしまう部分であっても、実は調理次第では立派なおかずになるものも多いです。

たとえば、ニンジンの皮で酢漬けを作ると健康食品として食べることが出来ますし、大根の葉っぱは細かく切って炒めてしょうゆで味付けをすれば、ご飯がどんどん進む1品になります。

キャベツの外側の葉っぱは、汁物やスープに使用するとおいしく食べられます。

このように、さまざまな調理方法がありますので、捨てる時に本当にここは捨ててしまってもいいのか、何か食材として使う方法がないのかレシピを調べてみるといいかもしれません。1品食卓に増えれば、その日の食費を節約することができます。

◆計画的に食材を購入する
食材の買い出しに行くとおいしそうなものがあって買う予定は全くなかったのについつい買ってしまい、無駄遣いをしてしまっているということがあります。
これではなかなか食費を節約することができません。買い出しに行く前にはまず、今週分のレシピを決めてから買い出しに行くことで無駄使いは減ります。

また、1つの食材にかける金額をある程度決めておくと節約になります。そこから、1日の買い出しに使う金額がある程度出せるので、その金額をオーバーしないようにすると無駄使いなく計画的に買うことが出来ます。

スポンサーリンク

もし、予定の食材が手に入らなかった場合は、献立を変更したり別の日に改めて買い出しに行くなど工夫をすることが重要なポイントです。

◆割引セールを狙う
スーパーでは、割引セールを行う時間帯であるタイムセールを設けています。この時間帯には食材が安くてお得に手に入ります。

近所のスーパーやよく行くスーパーなどのタイムセールの情報を調べてその時間帯を狙っていくことで食費の節約にもつながります。

◆冷凍保存しておく
食材によっては安く手に入るものでも、あしがはやくて買うのを断念しているケースもあるかと思いますが、そういった食材は調理したうえで冷凍するといいです。
冷蔵庫は食材を詰め込むのは電気代の無駄使いに繋がってしまいますが、冷凍庫は食材が入っていれば入っているほど節約になるので、食材は入れられるだけ入れてしまった方がいいです。

しかし、ここで注意が必要なのは冷凍庫にものを詰め込み過ぎて忘れ去られた食材があり、思い出したころには霜っぽくなって食べられないから結局捨てるということが起きないように、しっかりと何がどこに入っているのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

それには、ジップロックとクリップ、ふせんのように書き込みが出来るシールが大活躍します。

まず、食材はジップロックに入れてふせんに何が入っているのかを書いてクリップに貼って、ジップロックの見えるところにつけて1度しっかりと冷凍をします。

完全に凍ったことが確認できたら、ジップロックを本棚にある本のように縦に綺麗に並べて冷凍庫に保管します。上手く立てられない時はブックスタンドを使用するときれいに管理できます。

こうすることで、どこに何が入っているのかしっかりと把握できるので無駄が出来なくて効率よく冷凍庫を使うことが出来ます。

◆ちょっとだけ取っておく
買い出しで買ってきた食材は、1度に使うのではなく少しだけ取っておく習慣をつけておくことも節約につながります。

少しだけ食材と取っておけばその食材をまた何かのおかずの食材として使えますし、お弁当が必要な場合にもその食材を使用することが出来るので、1つの食材で何品か作ることが出来るのです。

これで、食費を節約しているからといって質素なイメージのおかずではなく、質も量も文句なしの食卓になります。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

7 件のコメント

  • すず より:

    子供が超偏食で肉食べず魚ばかりだからエンゲル係数ヤバイんだ……。
    私も無計画に買ってきて食材かぶったり傷んじゃったりさせちゃうから、まずは管理がんばろう。

  • にゃんこ より:

    新人主婦1年目ですが、まだまだお金の管理が苦手です。料理が苦手なので安いからといって予定にないものを買って無駄にしてしまたことがたくさんあります。ほんまにもったいない(ノД`)これから早速セールチェックして冷蔵庫整理します!

  • あっきー より:

    食費は削ろうと思えば結構削れますが、あまり削りすぎると栄養の心配もあるのでバランスが難しいですー!頻繁にスーパーに行くとついつい買いすぎちゃうんですよね…

  • ミサミサ より:

    食べざかりの10歳の男の子のママです。
    ちょっとの工夫で節約になりますよね。
    私の住んでるところは田舎でご近所から野菜をいただいたりするのでとっても助かってます。住んでる地域も節約にはとっても重要なポイントですね。

  • 智和 より:

    外食の多い我が身を省みないといけない記事ですね。
    だけど一人暮らしの我が家には最低限の調理器具しかありません。
    道具をそろえる金が惜しく、なかなか自炊が進みません。

  • プリン より:

    まずはちょっとしたことから始めてみましょう。
    大根やニンジンの皮は、きんぴらにすると美味しいですね。むしろ普通のきんぴらよりも歯ごたえと風味があってよいものです。
    あと、大根のヘタを水耕栽培すると、葉っぱがすくすく伸びてくれるので、これを味噌汁やサラダに使うと彩りもよくて美味しいです。
    生ごみを減らすこともできて、一石二鳥。

  • まい より:

    鶏胸肉を多用したり、豆腐でかさまししたりと工夫していますが、結局一番節約になるのは、買い物に行かないこと!買い物に行くとつい無駄なものを買ってしまって食費が高くつくということが多い気がします。
    ベランダで野菜の栽培もしてみましたが、結局肥料代や鉢代もばかにならず…買った方がましでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です