『ロングチェックシャツ コーデ』レディースおすすめの着こなしポイント紹介!

ロングチェックシャツ

最近の流行りを見ていると共通点があるね。

アウターが長いってことです。コートも長いし、カーディガンも長め。

スポンサーリンク

となったら、シャツも長くなるにきまっているじゃないですか〜。

 

ロングチェックシャツ
■Iラインコーデの仕上げにロングアウター
おススメコートのチェスターフィールドもひざ丈より下。インをIラインにして細く長くしたあと、サラっとロングアウターを羽織るのが最近の流行です。

ロングシャツの場合も、シャツというよりワンピースとしても着られるような丈。これがバンバン出てますよ〜。
ロングのデニムシャツも悪くないけど、今シーズンのイチオシは、やっぱりチェック柄です。なにはなくとも、1枚は持っておきましょう。
■アウターのロングチェックシャツには、ボトム短め
ロングチェックシャツをコーデする時は、アウターとして使うか、シャツワンピース風にするかを最初に決めてね。まずは、アウター使いのコーデです。
アウターとして着る場合は、ボトムを細め&短めにしてください。クロップド丈やスリム系デニムをロールアップしてくるぶしが出るくらいにする。こうしないと、シャツの長さをこなしきれないの。

スポンサーリンク

 

いっそ、ショーパンにしてもいいくらいです。もちろんトップスは超コンパクトに。シャツの長さを生かしたいなら、インナーのニットやTシャツはインしちゃってください。
足元はソックスとローファー。ソックスの長さを調整して、パンツとソックスの間にちょっとだけ素足がでるくらいにしておくと、キュートです。
■シャツワンピは小物で勝負
シャツワンピとしてコーデする時は、なにか小物を入れるのがポイントです。ただ前ボタンをしめて着ると、ダボっとしすぎちゃうんです。マキシ丈ワンピースとして着るくらいの長さなら、ベルトでウェストマークをしてね。さらに巻きモノで顔まわりにボリュームをもたせたり、襟元を大きめに開けてタートル+大ぶりのネックレスをつけたりしてもいい。短めのジレ(ベスト)をシャツの上に羽織れば、上半身と下半身をわけるアイテムとして使えるよん。
ロングでもショートでも、チェックシャツは腰巻きとして持っておくと便利です。素材は薄めのほうが、いろいろ着まわせるよ。ニットのインナーにもできるしね。

 

【こちらの記事もおすすめ♪】

《春服/2016》レディースファッションの流行りをわかりやすく紹介!

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です