ぶりっ子の特徴や仕草8つ!あなたもぶりっ子と思われる嫌われがちな仕草していませんか?



ぶりっ子な人は異性からは好かれても、同性から嫌われる存在になりがちです。

ぶりっこな女性の言動には特徴があります。

あなたも無意識に周囲にぶりっ子だと思われるような嫌われがちな仕草をしていませんか。

ぶりっ子の言動をチェックしてみましょう。

 

ぶりっ子の特徴や仕草8つ

特徴1、上目遣いやボディタッチ

スポンサーリンク

まずぶりっこの人は必ずと言っていいほど、上目遣いを頻繁にしています。相手に自分を可愛らしく見せる術を心得ているのでしょう。また、ぶりっ子の言動の特徴として、異性に対して必要以上に腕や肩などに触れるボディタッチを行っています。
会話中に笑いながら肩や腕を優しくポンと叩いたり、太ももに触れたりする人もいます。
とても自然にボディタッチをするので、無意識にしているように見えますが、きちんと心の中で相手を選んで計算をしてボディタッチをしています。

スポンサーリンク

特徴2、一人称は下の名前

そしてぶりっ子の人は自分のことを表現する際、私などとは言わずに自分の下の名前を呼ぶ傾向があります。
似合っていればいいのですが、ある程度年齢を重ねてくると聞いている側も不自然に感じることが多いようです。

特徴3、モテたい、可愛がられたい気持ちが強い

異性に可愛いと思ってもらいたい、モテたいという気持ちが、ぶりっ子の人は人よりも何倍も強いのです。それなのに異性が大好きであることを隠す人が多く、そのギャップがさらにぶりっ子らしい仕草につながっています。ぶりっ子の人のすべての言動は、異性からちやほやされるためのものです。



4〜次のページで




読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • 美和 より:

    いるいる、こうゆう女。一人称が自分の名前。女からしてみるとイタイ。
    この前38歳の女が自分の事名前で呼んでてこっちが恥ずかしかった。

    自分では可愛いと思ってるかもだけど、さすがに38歳の女がやってたら男性ウケも悪い。男の子、みんな失笑してた。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です