別れたくないならコレを読め!長続きするカップルの特徴6選


恋愛には想像以上にたくさんのバリエーションがあって、カップルもさまざまです。まさかこの二人がうまくいくとは!?と周囲が驚くような格差カップルが案外うまくいって、お似合いだなあと思うカップルが短期間でダメになることもある。

それなら、長続きするカップルの特徴を知って、いつまでも別れずに仲良くすごす方法を考えましょう。今回はダメになりやすいカップルの特徴も上げましたから、反面教師にしてくださいね。

長続きするカップルの特徴6つ

pretty-351884_640

 

特徴1、ふたりでよく話すこと

恋愛中でも友人関係でも、会話は最高のコミュニケーションツールです。いろいろなことを話し合うちに、お互いに対する理解が深まり、しだいに信頼関係が育ってきます。そのため、仲のいいカップルほど沢山のことについて、話し合っています。

話題は何でもいいんです。最近見た映画や仕事のこと、おもしろかったことや気になるニュースでもいいでしょう。話せば話すほど、自分について理解してもらえることになり、相手の話を聞くほどに「この人ともっと一緒にいたいな」と思うようになります。
もちろん、男子には時々「大好きだよ」というセリフも言ってほしい。しかし、二人の間に信頼関係ができていれば、女子のほうから気軽に「大好きだもん」とか「あたしのこと好き?」と言えるものなんです。

そのためには、会話の時間を長く持つことが大事です。「こっちから言わなくても、わかってくれる」というのは幻想にすぎません。言わなくても伝わることもあれば、言い出さなければ永遠に伝わらないこともあります。そして、現実には伝わらないことのほうがうんと多いのです。

スポンサーリンク

 

特徴2、食べ物の好みが似ていること

これは意外かもしれませんが、現実的に考えるとカップルの食べ物の好みはとても重要です。
デートの時に食べるものの好みが違えば、行先が変わってきます。付き合い始めたころは、お互いに気を使って相手の好みを優先させていても、次第にがまんできなくなってきます。
カノジョはさっぱりした和食が好きなのに、カレシはコテコテのステーキ好きで、デートのたびにステーキハウスに行くようでは、長続きするカップルにはなれません。

スポンサーリンク

長続きするカップルの特徴としては、食べ物の好みが似ている。もしくはカップルの片方に、それほど食べ物の好き嫌いがない、ということが重要になってきます。食べ物の好みについては生来的なもので、努力で変えられるものではないため、対策が非常に難しいですね。
こういう時は、お互いに柔軟に考えて「前回はステーキにしたから、今日は和食にしよう」と決めたり、「ずっと和食オンリーだったけど、たまにはステーキもいいな」と歩み寄ったりするとうまくいきます。相手の好みを否定するのではなくて、自分の食べ物の好みの幅を広げるという方向で動いたほうが、お互いにハッピーになれます。

たかが食べ物といってはいけません。長く続くカップルには、いずれ同棲や結婚について考えるタイミングが来るでしょう。そのときに食べ物の好みというのは、非常に大きなウェイトを占めてくるものなんです。
できれば付き合い始めの段階から、お互いに食べ物の好みを近づけるよう努力するといいでしょう。

 

特徴3、朝型か夜型かも重要なポイント

これも現実的な特徴ですね。人間には朝型と夜型があり、医学的な根拠はありませんが、朝のほうが仕事でもなんでも調子よくこなせる人がいるかと思えば、夕方以降に絶好調になる人もいます。そして、調子のいいタイミングが正反対だと、カップルとしては長続きしにくいんです。

たとえば朝型の彼なら、デートも午前中の早い時間に出かけて行って、夕方早くに帰宅するパターンかもしれません。朝型同士のカップルならお互いに1日を有効利用できますが、朝型×夜型のカップルにとっては、かなりきついデートです。夜型にとって早起きはつらいですし、朝型にとっては夜いつまでも出かけているのは体力の限界を感じるものです。

もっとも、朝型か夜型かは生活リズムと大きくかかわっています。習慣を変えることで夜型を朝型に変えることはできますから、努力してみましょう。この場合、朝型を夜型に変えるより、夜型に早起きをさせたほうが体内時計的にはずいぶんラクです。
先に挙げた食べものの好みと同じことですが、生活リズムのズレも、カップルが一緒に暮らし始めると大きな問題になってきます。こちらは努力次第で何とかなります。できれば夜型人間に頑張ってもらいましょう。

4〜は次のペーシで





読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です