「おじいちゃん」と「おばあちゃん」になっても理想的な仲良し夫婦でいる秘訣6つ


こんにちは、恋愛ライターのブルマです。

今回は紹介する記事は、「おじいちゃん」と「おばあちゃん」になってもずっとラブラブでいる秘訣をまとめてみました。

近年は特に結婚しても離婚してしまう夫婦が多いですからね。

是非この記事を読んで少しでも仲良し夫婦が増えてくれると嬉しいですね。

ではさっそくどうぞ。

 

ずっとラブラブな仲良し夫婦でいる秘訣6つ

スポンサーリンク

 

1、共同作業で仲良く

けっこう大切な事の一つが、共同作業をするという事です。

ずっと一緒に住んでいると意外と一緒にする作業ってないんですよね。

意識的にしないとお互いの別の作業をつしてしまいガチです。

例えば夫は掃除、奥さんは洗い物。

こういう場合は、掃除を一緒にした後に、洗い物を一緒にするのが理想的です。

スポンサーリンク

共同作業をする事で心理的に良い傾向にあるようですよ。

 

2、一年に一回旅行にいく

一年に一回は必ず夫婦で旅行にいきましょう。

もちろん近場でも全然大丈夫です。

一年に一回2人きりの時間を楽しむ事で、

付き合いたての頃の気持ちを少しでも思い出す事が重要です。

「付き合いたての頃の気持ちなんて思い出せるか!」

なんて声も聞こえてきそうですが、

意識的に付き合いたての頃はどんな感じだったかな?

と思い出すだけでも効果的です。

 

3、しっかり運動をする

あまり関係ないように思われがちですが、

運動は仲良し夫婦でいるために欠かせない要素です。

夫婦が仲悪くなる原因の一つで、

お互いの介護、世話などがあります。

30代、40代で全く健康に意識してなかったせいで、

体を壊し、お互いの介護が必要に・・

これが結構な負担となってしまうので、

これが原因で仲悪くなってしまう夫婦も意外な割合でけっこうあるようですよ。

4〜は次のページで





読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • なーたん より:

    1人の時間とか、ありがとう、は誰もいても言えること。
    でもそのほかのことは、結構お金かかることだなぁと思ってしまった笑
    仲良くするためにお金大事なのかもしれない、たしかにそれはそうだよね…笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です