「告白したいけどできない・・」そんな告白する勇気が出ないあなたへアドバイス8選

告白する勇気

「告白したいけどできない・・」

「どうしても告白する勇気が出ない。。」

というあなたに向けて書いてみました。

 

好きな人がいるだけで毎日が楽しく感じますが、片思いではなく、付き合うことができたら今よりももっともっと、楽しくなると思いませんか?

実際、片思いは始めのうちは楽しく感じるものの、片思い期間が長くなってくると辛く感じたり、相手にも好きになって欲しいと思うようになり苦しく感じることも多くなってきますね。

しかし、そんな辛さや苦しみは相手のあなたの思いを伝えない限り続いていくのが現実。

スポンサーリンク

思い切って告白してしまえば、結果はどうであれ前に進むことができますが、

そんな勇気はない!

という方も多いですね。

そこで、好きな人に告白したいけどなかなか勇気が出ないという方へ、きっと告白したくなるようなアドバイスをお送りしようと思います。

好きな人にあなたの想いを伝えるために、少しだけ背中を押させて下さいね。

 




告白したいけどできない人へのアドバイス

告白する勇気

1、告白しないのは、諦めているのと同じです

好きな人に告白したいけどなかなか勇気が出ずに告白できないでいるあなた。

本当に好きな人と付き合いたいと思っていますか?

人というのは、言葉を交わさない限り、思っていることを相手に伝えることはできません。

「言わなくても分かってくれる」なんて思ったら大間違い!

長年連れ添った夫婦ですら、分かってもらえないこともあるのです。

勇気がなくて告白できないということは、相手に自分の想いを伝えることができない、つまりは、付き合うことを諦めているのと同じこと。

いつまでも片思いのままで良いのなら、特に何も言いません。

しかし、本当は好きな人と付き合いたいと思っているなら、その思いを言葉にして相手に伝えましょう。

 

2、失敗するのが怖い!?それは自分本位な考えだということに気づいて

告白する勇気がないという方の多くは、告白に失敗することが怖いと言いますね。

断られてしまうのが怖いという気持ちは、充分に分かります。

しかし、これって凄く自分本位な考えなんですよね。

好きな人がいればその人と付き合いたいと願うのは、当たり前のことですが、断られることが怖いから告白しないというのは、思い通りにいかない可能性があるなら行動すら起こさないということ。

相手の気持ちより自分の気持ちを優先してしまっているということになります。

相手があなたのことをどう思っているかは告白しなければ分かりません。

好印象を持ってくれているかな?と想像はできても、実際のところは直接聞かなければ分からないのです。

それなのに、断られるかもしれないから、告白しないというのは?
自分が傷つかない為に、相手の気持ちを聞こうとしないということになります。

こうして客観的に見てみると、「断られるのが怖い」って凄く自分勝手な考えだってことに気づかされますね。

 

3、人から好かれることって素直に嬉しいと思いませんか?

好きな人に告白して、成功するか失敗するかははっきり言って分かりません。

その答えは、実際に告白してみなければ分からないというのが正直なところでしょう。

しかし、少し立場を変えて考えてみて下さいね。

人から好かれることって素直に嬉しいと思いませんか?

例えば、恋愛感情を持たない人から好意を持たれているとします。

その想いを告白されたあなたはどう感じるでしょう?

相手に対して恋愛云々は別として、嬉しく感じますよね。

人から嫌われて嬉しいという人はかなり少数派だと思いますが、人から好かれて嬉しいという人はとても多いのです。

ではもう一つ考えてみましょう。

異性からあなたの気づかないところでコソコソと好かれていたらどう思いますか?

何となく行動や言動を見られていたり、聞かれていたり・・・
何となくとった行動にこっそり反応されたりしたらどうでしょう?

何だか嫌な気分になりますよね。

少し表現が極端ですが、片思いって見方を変えると相手にバレないようコソコソと好意を抱いているということなんですよね。

でもこれって相手に失礼だと思いませんか?

相手があなたに恋愛感情があるか否かは分かりません。

しかし、好きな相手に失礼な行為=片思いをし続けるのはいかがなものでしょう?

こうして冷静に考えると、告白をしないことは好きな人に対して失礼なことだということに気づかされますね。

関連記事:好きな人に告白したいけど怖いときの対処法9つ

 

4、まず、告白成功体験談を見ておく

1つ目の方法は、友人で告白が上手くいって、今もラブラブな人や、ネットなどで検索して告白の成功体験談を見ておくことです。

今から告白しようとする人は誰もがネガティブになりがちです。ふられたらどうしようということや、今の関係が壊れてしまうかもしれないということで不安になってしまうからです。

ここで、必要になってくるのはネガティブな心に打ち勝つことです。

ネガティブな心のまま、告白をすると自然と告白の言葉にもネガティブな気持ちがこもってしまいがちです。それは、たとえば「わたしじゃだめですか」のような言葉です。

これが絶対だめというわけではありませんが、こういった言葉での告白よりは、ストレートに好きだという気持ちを伝えられた方が相手だってうれしいはずです。

スポンサーリンク

 

5、告白してOKもらえた時のことを想像してみる

告白する以上、相手にOKをもらいたいと思ってすることが多いです。

なかには届かない相手でふられてきっぱり諦めるためにという人もいますが、そういう場合であっても1パーセントくらいは期待しつつ告白する状況になると思います。

何事もネガティブになりそうなときは自分のなりたい姿を想像することで、前向きに考えるようになれます。

告白する前に勇気がほしい場合は、自分のなりたい姿は好きな人と仲良くカップルとして並んで歩く姿ですから、その姿を想像してみてください。

今ここで勇気を出して一歩踏み出せば自分の理想に近づけるかもしれないと思えば勇気が出てくることもあります。

ただし、あまり期待しすぎてしまうと万が一振られてしまったときに立ち直るのに時間がかかるので、適度に想像するようにしてください。

 

6、過去のメールやLINEを見返してみる

好きな人ともメールやLINEのやりとりをしている時は幸せな気持ちになることが多いです。

また、メールやLINEのいいところは文字のやりとりをしているので形として残っていることです。

そのメールやLINEを見て、幸せな気持ちを思い出すことで勇気がでることもあります。

また、脈ありであると判断できる文を見ることできっと成功すると思えるので、ネガティブな気持ちに負けずにすみますし、好きな人に対してどうして今回告白すると決心したのか改めて確認することができるいい機会になります。

告白する意味をしっかり冷静に理解すれば、不安ばかりだった心も自然と冷静になりやすくなります。

きっと告白するということは、こうやってメールやLINEをして相手を好きだと確信して、好きな人と繋がることができる時間は会えなくても幸せだし、ずっとこうして幸せな時間を過ごしたいと考えたから告白するということが再確認できて、それが告白する勇気になります。

関連記事:LINEで告白を成功させるための注意点5選

 

7、おまじないをしてみる

ちょっと恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、世の中には恋に効くおまじないが多種多様に存在し、おまじないをすることで前向きな気持ちになり、勇気がもらえることがあります。

携帯電話が普及してからのおまじないはホーム画面の壁紙にすると運気が上がるといった画像が多く出回っています。

気休めであると感じるかも知れませんが、告白する勇気がほしい人は携帯電話やスマートフォンのホーム画面をおまじない画像にしてみるといいかもしれません。

おまじない画像は、普段使っていてもかわいい画像が多いので、もし友人や知人、家族に見られてもおまじないをやっていることに気づかれず、恥ずかしい思いをしなくていいのでおすすめです。

 

8、本当に今告白したいのか自分の気持ちを確認する

「告白しなきゃ」という気持ちで告白するのも間違っているわけではないのですが、告白するというのは「思わずポロっと自分の気持ちがふとした瞬間に相手に打ち明けてしまった」くらいがちょうどいいと思います。

なんとなく雰囲気で告白しようと考えたり、バレンタインデーや卒業式などのイベントであわてて告白したり、友人に「告白しちゃいなよ!」と急かされて告白した経験がある人もいるかもしれませんが、「告白しなきゃ」という自分の中での義務感よりも自分が今好きな人に告白したいと思った瞬間に行った方が相手に素直な気持ちが伝わりやすくなるのでそのほうがいいと思います。

告白しなきゃと考えている人は、告白の台詞なんて言おうとかシチュエーションを考えたり、台本を自分の中で組み立てて告白しようと準備する人が多いです。

しかし、実際告白の場になってみると、自分で組み立てたはずの台本が頭から吹っ飛んでしまい、よくわからない告白の仕方をしてしまう失敗談もよく耳にします。それとは対照的に自分がいいたいと思った瞬間に言うとなれば、台詞やシチュエーションを考える必要はないので、告白したいのに勇気が出ないと悩んでしまうこともありません。

勇気を出さないと告白出来ない状況はまだ告白するタイミングではないのかもしれないと考えるのも一つの方法であると思います。

 

ー最後にー

好きな人に告白したいけどなかなか勇気が出なくてできない!という方は少なくありません。

しかし、告白しないということはどういうことなのか?

少し見方を変えて考えてみましょう。

好きな人に想いを伝えるという行為は、決していけないことではありません。

寧ろ、包み隠さず伝えるべきことです。

失敗を恐れてはいけません。

告白するには勇気がいるといいますが、実はそこまで大変なことではないのです。

あと一歩!あと少しです。

どうか自分の気持ちに素直になり、相手に想いを伝えてみて下さい。

 

こちらの記事も読まれています

告白の成功率をアップする方法7選

「告白に失敗・・」告白して振られた後に挽回する方法5選

告白できない理由5つ

告白場所の選び方5つを紹介!

相手から告白させる方法9つ

告白の断り方|相手を傷つけない女性からの上手な断り方とは?





告白する勇気

読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • 智和 より:

    あー、実際に告白ってある程度勝率を計算できないと踏み込めませんよね…。
    学生だった頃なら気持ちを伝えて満足でいいですけど大人になるとそういうわけにもいきませんし、失敗してこれまで積み上げたものがなくなるリスクとかでがんじがらめですね。
    大人になるほど臆病になるというのも恋愛の奥深さですねえ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です