『黒スキニーデニム コーデ』レディースの着こなし方【季節別編】


こんにちは~。おしゃれしまくっていますか。
春になったから重ね着をやめて、スッキリ見せたい。でも、いろいろ脱いでみたら衝撃的な体型になっていた、なんてことはありませんか。って、あるわ、そりゃ(笑)。女子なら誰だって心当たりがある非常事態。冬ものを脱ぐときに、一工夫して体型をカバーしなくちゃ。

■シャツの腰巻き盛りでごまかす
さて、そんな時こそスキニーデニムだ。太っちゃったからスキニーなんて着られない?何を言っているの、スキニーは太った時にこそ着るものだ。ちょいと膨らんだ体型は、コーデでなんとかするのよ。
たとえば黒スキニーデニムには、トップスにゆるめの長そでTシャツを着る。これでお腹周りは多少気にならなくなります。
その上で、腰にシャツを盛る。シャツのチョイスがコツで、ここは地味にダークな無地シャツやダンガリー(薄いデニムシャツね)を腰巻盛りすることで、かえっておしり&太もも部分を目立たせなくするのだ。
シューズはトップスの長Tシャツとカラーをそろえて。そしてスキニーがきつくなった時点で、素早くダイエットを始めてちょうだい(笑)。

スポンサーリンク

■トレンチコートは手放せない
女性は太り方にクセがあって、お尻ばかりが太る人や太ももに集中する人、お腹がヤバくなる人などがいます。次は「膝から下はなんとかなったけど、その上は壊滅的」という人向けのコーデ。
あのね、ザックリニットとコートを着て。もうどうにもならないっていうなら、ニットとコートで隠すしかないじゃん(笑)。
ニットはふんわりしたシャギーでよく、ボトムは濃い色のスニキーデニム。ニットでふわっとお尻半分までは隠してしまいます。最後にコート(薄手のくったりするトレンチがおススメ)でカバー。トレンチはベージュが春らしくていいね。足元はヒールパンプス。
これで痩せるまで乗り切る。このコーデで何度助けられたか…(笑)。

■ネイビーシャツで細見せ
色の使い方で体型カバーする方法もあります。オールホワイトのコーデはただでさえ太って見える。でも最後に濃い色のものを羽織れば、大丈夫だよ。
さすがにロングカーデだと重たい感じがするけど、ネイビーのロングシャツくらいならきっちり引き締めてくれます。太ももの途中くらいまで丈があるシャツなら、お腹周り、お尻、ふとももと全部カバーできます。
こんな感じで、とりあえず冬の終わりから春まで乗り切ろう。その間に一生懸命ダイエットをして、つき過ぎたお肉を落とすのだ〜。





読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です