「別れよう・・」別れたがってる彼氏が出すサイン10選



あなたと別れたがっている彼氏が出すサインには、どういったものがあるでしょうか?

今回挙げるうち、1つや2つでは、別れたがっていると断定できません。しかし3つ以上当てはまっているようだと要注意です。

それを気に別れる方向で動くか、関係を立て直す方向で動くかは、もちろんあなた次第です。

では順番に見ていきましょう。

 

1. デートの都合が悪くなったとき、別の日に会う提案がない

スポンサーリンク

「今度の日曜日に会おう」となっていたのが、「やはり今度の週末は二人とも都合が悪くなってしまった」といったとき…。

上手くいっているカップルでは、「それじゃ何日頃がいいだろうね?」と提案してくるのが男性の取る普通の態度です。「別の機会に会う」ことは、当然の話として考えているのです。

そんな際、「ああそう。それじゃまた、そのうち」などとあいまいにLINE、メールで返してくるようだと、要注意サインです。

「また」も付いていないようだと、決定的かも?

スポンサーリンク

 

2. 別れ際、次のデートの約束をしない

デートでの別れ際、「じゃあまた来週ぐらいに」だとか、「次」の話をするのは、カップルでは基本中の基本と言えるでしょう。

その場で具体的な日取りまで決めないとしても、「また今度」などは欠かせない言葉ですね。

これがなく、「楽しかった、じゃあ」などで切られてしまう場合、これまたかなり危険度の高いサインです。

 

3. デートプランが、あからさまにいい加減になってくる

好きな彼女と付き合いたての頃、男性はデートのプランを一生懸命に立てるもの。

「レストランの後は、あの並木道のイルミを楽しんで、あのバーで楽しもう」とか、「この間はアウトドア系デートだったから、今度はインドア系にしよう」とか、それはもう熱心なものです。

ところが、彼女との別れを意識しだすと、こうした「プラン練り」作業が、あからさまにいい加減になってきます。

「食事?またあのお店で良いんじゃない?」「その場所は遠くて疲れるからもういいよ」など、投げやりな雰囲気濃厚となってきたら要注意です。

…付き合いが長くなるとお互い、多少のマンネリ化は避けがたい部分もありますが、それ相応の工夫も全く見られないとなると、要注意です。



4〜は次のページで




読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です