遠距離不倫での付き合い方4つ

遠距離恋愛はなかなか大変なことですが、これが不倫になってくるとかなり大変なことになってくるかと思います。

もともと不倫はしていいことではないのですが、今回は遠距離不倫での付き合い方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

遠距離不倫での付き合い方

girls-555657_640

◆あまり会えないからといってわがままを言わない
不倫ということはどちらか一方、もしくは両方が自分の家庭をもっている状態で恋愛をしているということです。

これは、通常の不倫の場合であっても言えることですが、不倫相手は不倫相手であって家庭は家庭で大切にしたいと考えています。

遠距離での不倫をしている人としてのメリットは家族に不倫がばれにくいというところにもあるので、遠距離不倫の道を選択した人は不倫しつつも幸せな家庭を維持したいと考えているので、不倫していることは何が何でも隠し通したいと考えています。

もし遠距離ですぐに会えないからと言ってわがままばかり言って困らせてくるような相手では、家族への露見を恐れて不倫関係を解消されるかもしれません。

◆不倫に夢中になりすぎない
遠距離不倫ですから、先ほどもご紹介した通り会いたい時に気軽に会うということはできません。

これで、不倫相手のことばかりで頭がいっぱいになってしまうと自分がつらい思いをするだけですし、最悪の場合だと不倫に夢中になり過ぎたことで周囲の人間に不倫がばれてしまい、自分を取り巻く環境ががらりと変わってしまい、生きづらくなることもあるかもしれません。

そうならない為にも、不倫に夢中になりすぎず他のことも楽しめるようにしておくことが大切です。

そのうちに不倫相手がいなくても生活できるようになればその方が自分のためにもなりますし、不倫相手からしても自分を困らせることのない余裕のある相手だと考えてもらえることもあるかもしれません。

◆寂しくてもメール、電話はほどほどに
不倫がばれる、もしくは怪しまれる原因としては不倫相手からの電話の着信やメールを家族に見られてしまったということが多いです。

スポンサーリンク

不倫していることがばれてしまえば、せっかく遠距離でばれにくい環境で不倫していることの意味がなくなってしまいます。
また、不倫関係がばれてしまっては当然今後今まで通りにお付き合いしていくことはできませんし、不倫によって心の傷を負った相手の家族から慰謝料を請求されたり、自分の親族や知人、友人から白い目で見られて生きていかなくてはならないですし、仕事をしている人は職場に不倫の事実がわかってしまった時は、職を失うことも考えられます。

不倫してしまった以上は、その事実が周囲にわかってしまったら今後の人生を穏やかに過ごすということは到底できないということを覚悟しておいてください。

そのうえで、電話の着信やメールを残しておくことはリスクが高すぎます。履歴を消すということもそうですがあまり頻繁に電話やメールをしていると家族に怪しまれる確率が高くなってきます。

自分たちのためでもありますが、周りの人を傷つけない為にも不倫がばれるリスクは負わないようにしておいてください。

◆遠距離不倫だからといって公言しない
遠距離不倫だからばれないし、親しい友人くらいにならいってもいいかなと軽い気持ちで不倫していることを公言してしまうのも、ばれてしまうリスクに繋がります。
たとえ、不倫相手を知らない友人相手であってもどのようなルートでばれてしまうかわかりません。

それに不倫は正当化できる恋愛関係ではないので、親しい友人であったとしても理解できない場合のほうが多いです。

不倫がばれるのもいやで、自分の友人をなくしたくないのであれば公言しないほうがいいです。

◆不倫相手という都合のいい人になる覚悟をする
不倫とは先ほどもご紹介しましたが、正当化できる恋愛関係ではないので、通常の恋愛関係よりは辛いことも我慢しなくてはならないことも多くなります。
好きだからと言って不倫相手を独占することもできないですし、会いたい時に会うことも遠距離な上に不倫相手なのでそれもなかなか叶いません。
不倫相手というのは、あくまでも不倫相手であって相手に今ある家庭を捨てる覚悟がなければ、優先順位が2番目以降であっても文句のいえない存在でしかないので、都合のいい存在でいることしかできません。

遠距離不倫となると通常の不倫状態よりもかくごしなくてはなりません。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です