一体どうすれば?・・今すぐお金が必要な人がとるべき行動4つ

計画的にお金を使っていても無計画で使っていても思いがけない出費が重なって、今すぐお金が必要なことも出てきます。今すぐお金が必要な時にはどのように行動するのがいいのかをご紹介します。

今すぐお金が必要な人がとるべき行動

free-photo-business-finance-currency
スポンサーリンク

◆家の物を売る
最近では、リサイクルショップやネットオークションなどで中古品を買い取ってもらいやすい環境になってきました。

自分の家にあるもので売れそうなものを売ることで誰にも迷惑をかけずにお金をすぐに手に入れることが出来ます。ただ、リサイクルショップで売る際には身分証明書の提示や年齢制限を設けているケースがほとんどなので、注意してください。

また、ネットオークションは比較的手軽にできますが、顔を合わせずにやり取りする方法がほとんどで、匿名性が高いものです。トラブルも起きやすいので注意が必要です。

 

◆家族にお願いする
まずは、一番確実に安心してお願できるのは家族にお金を借りることです。ただ、いくら家族であっても借りっぱなしでいてはいけません。家族だから少しくらい返すのが遅れたっていいだろうではなく、しっかりと返せる時期になったら一番最初に優先して返済してください。あまりにもお金を借りるようなことが続いてしまうと家族からも信用を失ってしまう場合があります。気をつけてください。

スポンサーリンク

 

◆友人にお願いする
次に、頼れるのは友人ですが借りる際には家族以上に気を使う必要があります。大人になってからの友人間でのトラブルで絶縁したケースではお金のトラブルをよく耳にします。これはたとえですが、友人に借りたお金を返済するまで、自分の手放せない大切なものを預かってもらうなどで絶対に返済するという意思表示をしっかりしておくことが必要です。また、友人に頼みに行った先で断られてしまっても相手は、自分とお金のやりとりでぎくしゃくしたくないと友人として大切に思っているからこそ断ってくるケースもあるので、それは真摯に受け止めることが大切です。

 

◆キャッシングかカードローン
今まで紹介した方法でも借りることができなかった場合には、キャッシングかカードローンを使うことになります。現在では、即日融資に対応している消費者金融のキャッシングや銀行カードローンは数多くありますが、この方法はお金を借りるための最終手段だと考えてください。

キャッシングやカードローンは非常に便利なサービスで、手軽にお金を借りることが出来ますがその手軽さのおかげでお金を借りる癖がつきやすく、自分の銀行口座からお金を引き出しているような錯覚に陥ってしまい、自分のお金だと思って本来借りる必要がないのに借りてしまうことや、いつまでたっても返済しないことや、いつのまにか借金がとんでもない額になっていたというケースから借金まみれになってしまうこともあり、危険です。

また、キャッシングやカードローンには、闇金高い金利ではないのですが、年率4.5%〜18.0%の金利で借りるシステムですので、借りた金額そのままを返せばいいわけではないので、借りた金額が大きくなればなるほど返済時の負担が大きくなっていきます。

 

絶対借りてはいけないというわけではありませんが、借り癖にはまらないように気をつける必要があります。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

1 個のコメント

  • 智和 より:

    借金したことのある身としては怖い話ですね。
    もう借金はしないように気を付けています。
    オークションも利用してますよ、ただ、あれは時間が掛かる上に手数料を取られるので、あくまで足りない額を埋めるためと考えた方が良いでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です