「母親なんて大嫌い・・」子供がお母さんを嫌いになる理由7選


「母親なんて大嫌い・・」

子供の頃、思春期の頃ってお母さんの事が嫌いだなーって思ってた事ありませんか?

また、大人になっても母親の事が嫌いなままの人もいるんじゃないでしょうか。

今回はそんな母親の事を嫌いになってしまう子供の心理的な理由を紹介していきたいと思います。

 




子供がお母さんを嫌いになる理由7選

 

1、子供を鑑賞しすぎる

子供の事が心配な母親の気持ちもわかります・・

スポンサーリンク

しかし何歳になっても子供につきまとってしまうと、

思春期の子供としては「うざい・・」

など母親の事を嫌いになってしまう原因となってしまうでしょう。

特に中学生になるような年齢くらいが一番そのあたりにピリピリしてしまうでしょう。

どこに行くにも母親がついて来たり、

何をするにも母親の許可が必要だったり・・

子供としてはウンザリしてしまうと思います。

 

2、いつまでも子供扱いするから

特に男の子はいつまでも子供扱いする母親の事が嫌いです。

「大丈夫?」

「準備はできた」

「危なくない?」

「お父さんに許可は貰ったの?」

スポンサーリンク

「私も一緒に行こうか?」

などいつまでも子供扱いしてしまうと、

逆に反抗的になってきて、

いずれ子供なりに不満も爆発し、

「うるせー!クソババー!!!」

と母親嫌いになってしまう可能性があります。

心配なのはわかりますが、

子供の事を信頼してあげる事もとても大切な事なので、

口出ししたい気持ちをグッと我慢してみましょう。

 

3、自分の友達の悪口を言うから

これはちょっとレアケースなパターンです。

過保護な親に見られる特徴かもしれません。

”子供の友達の悪口を平気で言ってしまう母親です”

こういった母親がいる事もビックリですが、

「◯◯さんの子供ね、あの家の人の子供とは友達になってはいけません!」

「◯◯くんって子大丈夫?友達にならない方が良いんじゃない?」

など自分の感情や大人の事情でせっかく仲の良い友達と離せようとしてくる母親です。

この場合は子供から直接「うざい」「嫌い」とは言われないかもしれませんが、

母親としての信頼は下がってしまうと思った方が良いですね。

仮に子供がその友達と縁を切ったように見えても、

見られてない所で遊んだりしてる場合が多いので、

母親のこういった助言は子供から嫌われてしまうだけです。

ちょっとした悪さも含めて子供らしさではあるので、

子供の友達がちょっと悪さしただけで、

関係を切るような事はしない方が良いと思いますよ。

4〜は次のページで





読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です