K-POPはなぜ人気なのか!?その理由を徹底解説!

みなさんはじめまして、私はK-POPを愛してやまない専門学校生です。

今回はみなさんにK-POPの魅力、そしてなぜK-POPが人気なのかを説明していこうと思います。
まず、最初にK-POPという言葉の由来から説明します。
K-POPという言葉は、実は結構最近にできた言葉で、1980年代後半に生まれた言葉なんです。
K-POPはKorean-pops、もしくは大韓Popsの略称です。
J-POPと比べてみると、K-POPはヒップホップ調の楽曲が多いのが特徴です。
ちなみに、K-POPという言葉は海外でのプロモーション用に使われている言葉で、
実は、韓国国内ではあまり使われていない言葉なんです。
韓国国内でK-POPのことをなんと呼ぶかというと、カヨ(歌謡)と呼ばれています。

スポンサーリンク

次に、K-POPというジャンルはどんな音楽のジャンルなのか説明します。
K-POPというのは、韓国の演歌とも呼べるトロット以外のロック、アイドルソング、ポップスの総称です。
ちなみに、「江南スタイル」で有名なPSYの楽曲は、例外です。
PSYの楽曲はトロットとポップスを融合した歌謡ポップというジャンルで、
K-POPでありながらもトロットであるという不思議なジャンルです。

さて、ここからはなぜK-POPが人気なのかを解説していこうと思います。
最初の理由は「海外に売り出すことを前提として作られているから」です。
韓国の音楽市場は小さく、海外で売り出したほうが圧倒的に利益が出ます。
その点から、K-POPアイドル達は練習生の時から第二外国語として中国語や英語、日本語を学びます。
少女時代や東方神起、KARAなどが日本に進出した時に、
とても流暢な日本語を披露したのはこういった海外のプロモーション活動に向けての準備があったからです。
この準備によって、K-POPは韓国のみならず、日本、中国、ヨーロッパ諸国など世界中で活躍しているのです。

スポンサーリンク

二つ目の理由は、「世界中でオーディションを行っているから」です。
韓国大手の芸能プロダクション、SMエンターテイメントでは韓国のみならず、
日本、アメリカ、中国をはじめとする世界中でオーディションを行っています。
韓国と中国を拠点に活動しているアイドル、SUPERJUNIOR-Mには、
中国国籍のチョウミや、カナダ国籍の台湾人ヘンリーがいます。
この、有能な人材なら国籍は問わない形式で、K-POPアイドル達はとてもレベルが高いものになっているのです。

三つ目の理由は、「一人のアーティストを育てるのにとても力を入れているから」です。
韓国は、前述した通り、世界中でオーディションを行っています。
それだけではなく、オーディションに受かったあとはその事務所の練習生として、
ダンス、ヴォーカル、外国語などたくさんの教育を受けます。
その教育の中で、韓国語を話せなかった海外からの練習生は韓国語を話せるまでにスキルアップし、
それぞれの苦手分野をなくし、長所を伸ばします。
その練習期間は、およそ2~3年という長い間です。
中には、七年という長い期間を経てデビューしたアイドルもいます。
この練習生期間が、K-POPアイドル達のレベルの高さを生み出しているというわけです。
このオーディションからデビューするまでの間にかかるお金はおよそ2億円とも言われています。
いい音楽を作るためならお金を惜しまない、こういった太っ腹な姿勢がK-POPの人気を支えているのかもしれませんね。

みなさんいかがだったでしょうか、
K-POPはこのような努力と工夫によって成り立っているのです。
みなさんもぜひ、K-POPを聞いてみてください。

スポンサーリンク

読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です