魚(うお)座の性格と相性の良い・悪い星座【男性】


魚座の男性は、一言でいえば協調性を重んじる草食系男子。

たとえ外見がオラオラ風であろうとも、年齢がアラサー、アラフォーであっても、魚座の男性は夢見るロマンチストです。どういうタイプに見えても、根はやっぱり優しい男性なのです。

 

スポンサーリンク


魚(うお)座の性格3選

1、魚座の男性は、ロマンティストで夢見がちな性格!

魚座は水の星座です。さそり座・かに座とともに魚座の男性は感受性が強くてロマンティスト。理性よりも感情を優先させるタイプで、周囲の人に常に気を配り、細かいところにまで思いやりを示します。女子にとっては一緒にいてリラックスできる存在で、困ったときには真っ先に相談に行きたいですね。

魚座は周りに困っている人がいれば見過ごすことはできません。親身になって相談に乗り、相手が元気になるまで根気強く話に付き合ってくれます。場合によっては自分を犠牲にしてでも、友人や恋人を助けてあげたい気持ちがあります。ただの草食系男子ではなく行動の裏付けがある草食系である点が、魚座を非常に魅力的に見せています。
周囲の環境になじむのも非常に早く、大学に入学したり新しく会社に入ったりしても、まるでずっと前からそこにいたかのように行動します。その場その場に応じて、自分に求められている役割を瞬時に察知して、周りの期待通りに行動したり話したりすることができるのが魚座の男性のすごいところです。

一方で、何よりも自分の感情、自分の感受性を優先したいため、時には周囲の受け止め方を気にしないこともあります。周囲から「不思議くん」というレッテルを貼られることで、かえって自分の感情のままに動けると知っており、名よりも実を取って自分を自由にしているのです。

 

2、このポイントが魚座の男性の困るところ

人当たりがよくて協調性がある草食系男子。相手の感情を察知するのが早く、周囲と争いたくないために相手の意見を尊重して輪を乱さないようにするのが魚座の男性の基本姿勢です。一見、困るところなんてないようですが、魚座の男性はちょっと気分屋。いつものんびりしているようで、気分が変わりやすく、つかみどころがない二面性があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ですから相手のグチや話を聞いているように見えて、実はまったく聞いていないなんてこともあります。雰囲気が優しく話を聞くのがうまいので、つい相手はいろいろと打ち明けてしまいますが、魚座の男性は自分の聞きたいことしか耳に入れません。どれだけ親身に話を聞いているように見えても、それはその場の状況にふさわしい態度を取っているのにすぎないこともあるのです。

場合によっては場を取り持つために嘘をつくことも辞さないですし、集団をうまく運営するためには多少の裏工作もおこないます。周囲の考えや流れに沿って一緒に動くことに違和感を持たないところが「ずるい」と思われてしまうところなのです。

 

3、魚座の男性のコントロール法は!?

魚座の男性をコントロールするには、柔軟性をそのまま受け入れてあげることです。魚座の男性自身は決して悪いことをしているつもりはなく、その場で必要とされる態度・行動をとっているだけです。それを「嘘つき」や「男らしくない」と責めても意味はありません。責められても、魚座の男性には全く身に覚えがなく「なんで怒っているんだろう?」と内心で首をかしげています。

非常なリアリストである点も見逃せません。夢見がちなロマンティストであるのに、魚座の男性ほどその場の状況判断を正確にできる人は少ないでしょう。パッと見ただけで人間関係を把握し、トラブルの匂いをかいで、必要とあらば事前に逃げだすこともあります。ここでしっかりとしたリーダーシップを発揮すればいいのに、魚座の男性は緻密に計画を立てて計画通りにやっていくのが苦手です。

柔軟性があるだけに、がっちりした骨太の方針などは持ち合わせていません。
魚座の男性をコントロールするには、時には方向を示してあげることも大事でしょう。魚座の男性自身も、自分には足りない部分があるとよくわかっているので、サポートは快く受け入れます。

 

次のページで魚座と相性の良い・悪い星座を紹介





読んだらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です